仕上げ材料の数量積算業務を従来の1/5に短縮する精算見積システム「NCS/CENSS Quick」を開発・販売~未熟練者でも、容易かつ迅速に詳細な積算業務を行うことができます~

プレスリリース

pointer 仕上げ材料の数量積算業務を従来の1/5に短縮する精算見積システム「NCS/CENSS Quick」を開発・販売
未熟練者でも、容易かつ迅速に詳細な積算業務を行うことができます
  大林組と(株)日積サーベイ(本社:大阪府中央区、社長:生島宣幸)、オークシステム(株)(本社:東京都墨田区、社長:小林昭夫)は、建築実施設計段階で行う見積のうち、特に膨大な作業量となる仕上げ材料の数量積算業務を、従来の1/5程度に短縮した精算見積システム「NCS/CENSS Quick」を開発し、販売を開始します。未熟練者でも容易に操作でき、詳細にわたる積算業務全般を迅速に行うことができます。

厳しい投資環境が続く中、見積作業はより高い効率が求められておりますが、実際は熟練した社員の経験とノウハウを用いても時間と手間がかかる作業となっています。
大林組では、既に、概算見積作業について、図面による数量積算から見積書アウトプットまでの一連の作業を標準化し、若年社員でも迅速に概算見積作業全般を行うことができる建築概算見積システム「デクーバ」を開発し、平成11年3月に全社へ展開し、オークシステムから販売しております。
近年、CADなどの電子データ化された図面がありますが、長さや面積、部材の個数など実際の仕上げ見積りに必要な項目と数量を拾い出すことは困難で、ペンタッチにより面積や長さを読み取る方法もありますが、画面の表示範囲が限られるため効率的な作業が望めないのが現状です。また、リニューアル工事などのCAD図面が無い場合には、紙の図面から数値を拾い出さねばならず、精算見積作業について更なる省力化、迅速化が望まれていました。

今回、開発した新システムは、計測ツール「おおくたいざ−d&w」*1と精算見積ソフト「NCS/CENSS」*2を用いて仕上積算作業時間を、従来の1/5程度に高効率化したシステムです。パソコンの画面の手順に従って作業を進めることにより、若年社員でも詳細にわたる最終積算見積を、確実に作成することができ、積算見積作業全般の迅速化、省力化を実現しました。
*1「おおくたいざ-d&w」:大林組が、平成8年8月にオークシステムと米国ROCTEK社と共同で 開発した、日本語版の対話型計測ツール。図面上の折点をペンタッチして、長さ、面積などの数値を計測し、計測した数値とグラフィックを印刷したり表計算ソフトに置き換えることができる。
*2「NCS/CENSS」:日積サーベイが開発した積算支援ソフト。日本初のクライアント/サーバ方式による ネットワー ク対応システムで、現在、NCSシステムは1000社以上が活用している。

今回、開発した建築積算見積システムの特長は次のとおりです。
  1. 仕上げ材料の精算見積書業務を従来の1/5に高効率化
    迅速性と高い精度が求められ、膨大な項目数となる仕上げ材料の精算見積業務を、従来の1/5程度に高効率化しました。
     
  2. 精算見積作業全般が省力化・迅速化できます
    これまで手間と時間がかかっていた精算見積作業が、データ入力の簡略化と「おおくたいざ」による図面計測により見積明細書までを容易に作成できます。また、VE作業や仕様変更にも簡単な操作で短時間に対応することができます。
     
  3. 経験が浅い若年社員でも確実に精算見積書が作成できます
    今までキーボードから入力していた数値を、「おおくたいざ」で入力することにより、数値入力の業務が大幅に省略されました。以前のキーボードによる入力は繰り返しの作業になるため、手の疲労などで連続作業が困難な場合もありました。「おおくたいざd&w」のペンタッチ入力はそれらを全面的に解消してくれました。また「おおくたいざd&w」を使うことで、熟練者は仕様書や仕上材を正確に解釈して入力する業務、若年者はペンタッチで数値を正確に入力する業務 とに分かれるようになりました。

精算見積書を作成する手順は次のとおりです。
  1. 計画建物の工事概要を入力します。
  2. 計画建物の建物データ(工種や部材などの見積もり単位ごとの項目)を入力します。
  3. 「おおくたいざ-d(デジタイザー)」に置かれた図面の折点を十字ペンでタッチし、室ごとの長さや面積をデータとして取り込みます。
  4. 「NCS/CENSS」の機能を使って集計表を表計算ソフトに出力したり明細書を作成したりと自由に利用できます。

大林組では、今回開発した精算見積システムを全社で水平展開を図るだけでなく、CAD化や見積作業をシステム化することが困難な中小設計事務所や施工会社へ積極的に販売していきます。オークシステムより、10月から販売を開始する予定です。

以上

  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014