創業110年を迎え「大林組歴史館」を開設しました

プレスリリース

pointer 創業110年を迎え「大林組歴史館」を開設しました
  趣意 】
本歴史館は、2001年、大林組創業110年を迎えたことに際し、これを記念して新規開設するものです。

企業はその事業の存続と発展にむけて、今日あるいは明日に対して行動を起こし、決断するために、自らの拠ってきた歴史を把握しておくことは、とても大切なことです。歴史とは、個性、価値観、行動原理、そして想像力や創造力の水源となりえ、そこからしか得ることのできないものも少なくないはずです。
ここにごく具体的に、当社の出自と発展の経緯をたどる資料や写真をひろく社内外に公開し、すべては以前があって現在があることを知り、現在こそが未来を創るものであることを認識する機会としたいと思います。また、新しい世紀を迎え、創業の力強い精神を再確認することで、全体的で横断的な視野を培い、将来になにを残し、何を変えていくかを問い判断する機会と場としたいものです。
さらに、社外のかたがたにも、当社の伝統に培われた仕事が、創業以来の「志」と「責任感」と「未来指向」に裏付けられた信頼性の高いものであることを知っていただく機会ともしたいと願っています。

内容の特徴 】
  1. とくに創業期と創業社主大林芳五郎の業績に重点を置いています。
  2. 明治期から現代にいたる日本の近代化の歩みと、当社社史が軌を一にしているダイナミックな業務特性をあきらかにしています。
  3. わが国の社会基盤の充実に多大に関与してきた実績を明確に紹介しています。
  4. 情報ライブラリーとして、大林組関連の図書の閲覧、映像資料の視聴、データベースの検索サービスもできます。
主な展示 】
  1. 明治25年(1892)創業時の、当社店舗の屋根を飾っていた鬼瓦(実物)。
  2. 同じく創業時の当社店舗の写真と模型(1/100)。
  3. 創業社主/大林芳五郎の等身大写真。
  4. 第5回内国勧業博覧会(1901)の入場券などの各種資料。
  5. 大阪市築港(1898)、東京駅(1911)、大阪城天守閣再建(1930)など歴史的建造物の工事中写真などの各種写真。 他
展示場面積】
275平方メートル

主な使用機器】
映像鑑賞用61インチ大型プラズマディスプレー 1台
映像展示用液晶ディスプレー 7台
DVDプレーヤー 8台
歴史関係資料検索用パソコン 3台 他

制作担当】
総合プロデュース ; (株)大林組広報室
企画/運営 ; 同 社史資料室
設計デザイン ; 同 インタースペース部
施工 ; 同 本町工事事務所
家具デザイン ; アトリエG&B(株)
展示物制作 ; (株)乃村工藝社

一般公開日時】
■ 平成13年10月19日(金)より
■ 開館時間/午前9時から午後5時まで
■ 休館日/土曜・日曜・祝日・会社指定日
■ 入場無料

場所】
大阪大林ビル 8階
大阪市中央区北浜東4−33(天神橋南詰)

  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 本店 社史資料室
大阪市中央区北浜東4-33
TEL 06-6946-4575