技術情報を全面公開!

プレスリリース

pointer 技術情報を全面公開!
技術の外販やコンサルティングなどの技術相談を推進し、技術営業をスピード化
  大林組は、技術情報の分散入力と一元管理化を可能とするWebベースの技術データベース「techs」を新たに構築しました。技術情報(約350件)を社外に公開し、コンサルティングや実施権許諾等を含めた技術的な相談に応じるとともに、一元管理された最新の技術情報から営業・技術部門がスピーディーに技術的な提案を行うことができる環境を整備しました。

大林組は、従来からの技術開発方針を転換し、事業に直結するテーマの選択と、人と資金をそれらのテーマに集中的に投下する、より戦略的な技術開発を目指します。事業に直結する技術開発の戦略立案と成果の効果的活用を図るために組織や社内システムを強化、整備し、既存開発技術の社内外での更なる有効展開を図ります。

大林組では、11月28日に公開した技術データベース「techs」を大林組の技術情報のコアデータベースとして位置付け、社内外への積極的な情報発信を行なっていきます。約350件の技術情報を社外へ公開することで、最新の建設要素技術の概要を紹介し、コンサルティングや実施権許諾、他業種との業務提携などを積極的に推進するほか、技術的な相談に対応していきます。また、社内では、要素技術に関する全ての情報(特許情報や工事実績情報、関連技術資料など)を集約するデータベースとして、営業部門が最新の技術情報を利用して、よりスピーディーに客先への技術提案を行なうことが可能となります。
技術データは、専門担当部署ごとに分散入力されデータベース「techs」により一元管理されているため、常に最新の情報を閲覧することが可能です。社外からの問合せも、直接、技術のエキスパートが応じることで、より専門性の高い相談にすばやく対応することが可能となります。

今回の技術データベースの公開により、大林組の技術公開は、環境、リニューアルなど、時代のニーズを掘り起こす技術を紹介する「ソリューション」の部とそれらを構成する基礎技術や工業所有権を有する要素技術を紹介する今回公開の「テクノロジー」の部、専門性の高い最先端の技術を紹介する「技術研究所」の三本の柱で、ホームページから閲覧することが可能となります。

「techs」データベースの特長は次のとおりです。
  1. 常に最新の技術を社内外に情報発信
    各技術担当部門は、イントラネットを利用して一元管理化されたデータベースに直接、分散入力します。したがって、公開情報をリアルタイムに更新でき、社外、社内を問わず、常に最新の技術情報を検索、閲覧することができます。
     
  2. より専門性の高い技術情報もすばやく提供
    社内向けのデータベースの閲覧では、社外公開情報より詳細な情報を入手することができます。問合せや相談に対し、専門性の高い情報をすばやく提供します。また、各技術ごとのアクセス履歴を収集しますので、どの技術分野に顧客が興味を持っているかといった情報を逐次把握することが可能です。技術開発には、これらの情報をフィードバックさせていきます。
     
  3. 営業部門の技術提案をスピード化
    社内からは、各要素技術に関する全ての情報及び関連資料を検索、閲覧することができます。営業部門が技術提案資料を作成する際、これらを素材集として活用することで、よりスピーディーな技術提案を行なうことができます。また、今後開発予定のプレゼンテーション資料作成支援システムを同時に用いることで、更に素早い対応が可能となり、その成果品を登録、再利用できる機能を設けます。
     

大林組は、今後も、積極的な情報発信と技術の公開を進め、コンサルティングや技術供与、技術相談に応じていきます。また、保有技術を社内でもより有効に展開、活用を図っていきます。

以上

  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014