高度総合情報化施工で、盛土転圧管理を高精度かつ大幅に省力化

プレスリリース

pointer 高度総合情報化施工で、盛土転圧管理を高精度かつ大幅に省力化
施工精度を含めた品質をリアルタイムに高精度管理する盛土管理システム「COMPACT」を開発・実用化
  大林組は、造成、道路土工やロックフィルダムなどの盛土工事において高度総合情報化施工により高精度にかつ大幅な施工管理の省力化を実現する高精度盛土管理システム「COMPACT」を開発、実用化しました。GPS(global positioning system:全地球測位システム)を用いた管理システムと地盤の締固め状態をリアルタイムに把握できるシステムにより高度総合情報化施工を実現しました。

盛土の品質管理は、盛土材別に試験施工を行い、試験結果に基づいた工法規定(転圧方法、撒出し厚さ、回数などを規定)で管理する方式が一般的に採用されており、所定の施工方法、施工手順を確実に遵守することが最も重要とされています。具体的には、施工時に転圧エリア、撒出し厚さ及び転圧回数を確実に把握することで品質管理を行っています。このような背景から、近年、工法規定にGPSを用いて転圧機械の位置や軌跡を計測し、転圧エリアと転圧回数を機械的に管理するシステムが導入されています。しかし、材料の状態などによって、所定の転圧回数を完了する前に管理基準に達している箇所や転圧を完了しても管理基準に満たない箇所が生じる可能性があるため、サンプリングにより転圧後の盛土の密度測定を行い、締固め状態を確認する品質規定を用いさらに厳密な品質管理を行っています。
転圧時に、転圧箇所と締固め状態を客観的に、かつ効率的に把握することができれば、品質管理の高度化と、より合理的な施工が可能となり施工効率、品質が著しく向上します。

今回、大林組が開発、実用化した施工管理システム「COMPACT」は、リアルタイムに高精度な盛土管理を実現するシステムです。GPSを用いて、転圧を行う振動ローラーの走行位置や作業状況を3次元で追跡管理し、転圧場所と転圧回数を総合的に管理します。さらに、振動ローラーに搭載した加速度計で計測される加速度波形をリアルタイムに解析し、締固め状態を施工エリア全域(全盛土に対して)を高精度に一元管理することができるので、工法規程と品質規程に基づいた高度な施工管理を実現し、品質を客観的に保証するだけでなく、大幅な省力化も実現しました。
また、振動ローラーのオペレーターは、常時、転圧回数や地盤の締固め状態を搭載したディスプレー上で確認しながら作業を行うことができるので、より効率的に作業を進めることができます。
今回、本システムの性能、有効性、施工性を確認するための実証実験を行い、その性能を確認しました。

今回、開発した高精度盛土管理システム「COMPACT」の特徴は次のとおりです。
  1. リアルタイムに高度な品質管理を行うことができます

    転圧時に転圧箇所と締固め状態を客観的に把握することができるので、工法規定による品質管理を客観的に保証できるようになりました。また、従来の工法規定による品質管理と比較して、より高度な品質規定による品質管理をリアルタイムに実現できます。
     
  2. 施工エリア全域(全盛土に対して)の締固め状態を一元管理できます

    GPSと加速度センサーを利用することにより、施工エリア全域の締固め測定データ(締固度、密度)とGPSデータによる転圧場所・転圧回数等のデータを管理室へリアルタイムに転送し、締固め状態を任意のメッシュ毎に一元管理できます。したがって、締固め不十分な箇所について再転圧や不良部分の除去を行うことで盛土全体を所定の基準で確実に施工できます。
    また、一元管理されたデータは、SS無線(構内LAN)、Dopa、またはPHS回線を利用して自動転送され、オペレーターが機上のディスプレーで、管理する社員は管理用コンピュータまたはPDA(モバイル)でリアルタイムに施工状況を確認できます。

     
  3. 転圧作業の効率化、省力化に有効なシステムです。

    他の重機とのデータ連携も考慮したシステムで、管理結果は直接CADに出力することも可能なため、転圧作業の効率化・省力化に有効なシステムです。
     

今後、大林組は、高精度盛土管理システム「COMPACT」を適用して盛土地盤のより高度な品質管理を実現し、施工の合理化を図っていきます。
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014