800tの鉄骨屋根を押し上げながら、高品質サイロを短工期で建設します

プレスリリース

pointer 800tの鉄骨屋根を押し上げながら、高品質サイロを短工期で建設します
大規模筒状構造物建設向けスリップアップ工法を開発・実用化
工期で1ヶ月、屋根のリフトアップコストを70%削減
  大林組は、大規模筒状構造物を短工期で、かつ高品質に施工するスリップアップ工法を開発しました。あらかじめ地上で組立てた屋根部分を、型枠を滑らせて連続的に構築する筒体に合せてリフトアップすることで、高品質サイロ建設の大幅な施工合理化を実現しました。
現在施工中の「関西電力舞鶴発電所新設工事(1,2号機)のうち主要建築工事(第2工区)」に適用し、工期で1ヶ月、屋根のリフトアップにかかるコストを70%削減しました。

スリップフォーム工法は、スライド型枠をジャッキで押し上げ、コンクリート面を滑らせて上昇させながら連続的にコンクリートを打設してRC造塔状構造物を構築する工法です。型枠設置の手間が省略できるので、工期の大幅短縮とコストの低減が可能なことから、煙突・高架水槽・サイロ・電波塔などの筒体の施工に数多く用いられている工法です。
従来の屋根鉄骨の施工方法は、筒体躯体施工の完了後に最上部で組立てを行なう(ベント工法)か、あらかじめ地上で組立て筒体躯体施工完了後に油圧ジャッキなどで上昇させるリフトアップ工法を用いますが、今回の工事は、外径62.2m、重量約800tの山型屋根鉄骨を地上近くで組立てた後、筒体躯体施工用のスリップフォーム装置と接続し、このスリップフォーム装置により筒体工事を進めながら、所定の高さまで上昇させるスリップアップ工法を採用しています。

今回、開発したスリップアップ工法は、屋根部分のリフトアップにかかる設備と工期を省くことができます。また、屋根鉄骨の組立ても地上近くで行うことができるため、頂上部で屋根を組立てる方法より仮設機材を大幅に削減でき、安全性と作業効率が著しく向上します。その結果、工期でおよそ1ヶ月の短縮、屋根部分のリフトアップで70%のコスト削減を実現しました。

今回開発したスリップアップ工法の特長は次のとおりです。
  1. 工期を大幅に短縮することができます

    屋根鉄骨部分のリフトアップのための仮設備の設置・撤去などにかかる期間やリフトアップの期間を省くことができ、工期をおよそ1ヶ月短縮しました。
     
  2. 屋根部分のリフトアップコストを70%削減

    屋根鉄骨部分のリフトアップにかかる設備、柱脚部分の接合部、所定の高さでの鉄骨の継ぎ足しなどを省くことができます。また、在来工法と比較しても、屋根鉄骨を地上で組立てることができるので仮設機材や安全設備の軽減と作業効率の向上などが実現できます。屋根部分のリフトアップコストは、70%を削減することができました。
     
  3. 施工性・安全性が向上しています

    屋根鉄骨を地上近くで組立てることで作業性とともに安全性が向上します。また、屋根を含めて総重量1600tのスリップアップをおこなうために屋根鉄骨と装置、筒体躯体までを含めた高度な構造解析を行い、施工中の地震や暴風などの外力に対する安全性を確認し施工時期に応じて最適なコンクリートの調合を使用しています。
    さらに、この詳細な解析結果をもとにスリップアップ装置の合理的な設計を行い、今までのスリップフォーム装置にない支持鋼材の間隔(約6m)を実現し、鉄筋のプレハブ化、PSシースの鉄筋パネルとの一体化とともに、作業性の大幅な向上を行っています。
     
  4. 高品質なサイロを建設することができます

    剛性の大きい屋根鉄骨とスリップフォーム装置を一体化することにより、真円形状の確保が向上します。また、高流動コンクリートによるコンクリートの密質性を確保し、コンクリートの付着が少ない特殊型枠の採用により表面の仕上がりを向上させています。さらに、施工中の精度は、コンピュータと画像処理センサーを組合わせた精度測定システムにより計測、制御します。中心からの偏位やねじれ、高さや気象情報などのデータをリアルタイムに計測し、修正を行います。高精度に管理された高品質サイロを建設します。
     
  5. 環境に配慮した施工です

    石炭火力発電所等から発生するフライアッシュを、施工時期に応じて最適な割合で利用した高流動コンクリートを採用することにより、資源の有効利用とコンクリート打設の省力化を図っています。
     

大林組は、1971年にビギングウンガルン31AB社(ハンガリーとスウェーデンの合弁会社)からスリップフォーム工法であるスウェトー工法を導入し、この工法に当社独自の計測制御システムなどの技術を加えて実績(98年7月現在、23万u)を重ねてきました。また、1993年には、これまで蓄積したノウハウをベースとし、どのような平断面形状でも施工可能なスリップフォーム工法「ニュースウェトーシステム」を実用化しています。

大林組は、今後スリップフォーム工法の技術開発だけでなく、他の工法との複合化に努め、RC塔状構造物施工における品質向上や作業の省力化、安全性向上を更に一層図っていきます。


関西電力舞鶴発電所新設工事(1,2号機)のうち主要建築工事(第2工区)
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014