大林組が開発した「物流Webメンテナンス・サービスシステム」が本格稼動しました!

プレスリリース

pointer 大林組が開発した「物流Webメンテナンス・サービスシステム」が本格稼動しました!
物流情報システムの正常稼動と効率的な運用を総合的にサポートするシステムです
  大林組は、物流センターにおける物流情報システムの正常稼動と効率的なセンター運用を総合的にサポートする「物流Webメンテナンス・サービスシステム」(愛称:e−状態)を開発し、某物流センターにおいて実施運用を開始しました。

本システムは、物流センター内の詳細な物流実積データ(どの商品が、いつ、どこから、どこに、いくつ、どう動いたか)を抽出・分析することにより、商品の格納倉庫を効率的に割付け、ストックしておくべき商品数量の適正値や最適な出庫スケジュールの編成、要員配置のアドバイスを行います。これまで 事業主、各機器メーカー、大林組が個々に管理していた障害対応記録、ハード・ソフトのメンテナンス実施記録、情報機器リスト、予備品リスト、各種連絡書を一元管理し、物流センターの正常稼動を総合的にサポートします。

全く新しいコンセプトの運用サポートシステムです。
従来、物流エンジニアリングとして行う「物流分析」は、物流センターの新設や改造計画時にセンター規模やシステム設計するためのものが一般的でした。また、その分析用データは、客先のホストシステムから受領するケースがほとんどで、ホストシステムの機種により、磁気テープなど特殊媒体から当社で読める形式にデータ変換する手間や、大量のデータを取り扱うために多くの時間を要していました。更に、客先から受領するデータは、ホストシステムで管理している商流データ(売り上げデータ)が一般的で、どの商品がどう動いたかといった正確な物流データを入手することは困難でした。
本システムは、本稼動しているセンターの正確な物の流れを把握するための物流実積データを 毎日自動抽出し、センターが抱える運用上の問題解決のために「物流分析」を行う点で今までにない全く新しいコンセプトの運用サポートシステムです。

総合的に物流センターのメンテナスをバックアップします。
従来の物流センターのメンテナンス方法は、事業主が納入機器メーカーと個別にメンテナンス契約を結び、障害発生時には、各社のサービスセンターから派遣された技術者が個別に復旧処理を行っていました。また、ハードの定期点検もメーカー別に個別に行っていました。このメンテナンス方法は、システムが単純で関連メーカーも1、2社程度であれば有効ですが、複数メーカーが関連し、複合したシステムの場合、障害がどこに起因するかの判断が難しく、点検保守も個別対応となり、事業主自身が各メーカーと連絡を取り合って調整しなければならず、多大な時間と手間がかかっていました。
本システムは、事業主に代わって大林組が関連機器メーカーとの個別契約や連絡、調整作業を一括して行うメンテナンスシステムです。更に、個別の障害対応中心のメンテナンスから総合的な視点で物流センターをメンテナンスすることを主眼に対応しますので、事業主は、連絡窓口を一本化でき、メーカー調整の多大な負担から開放されます。

「物流Webメンテナンス・サービスシステム」の特長は次のとおりです。
  1. 物流情報システムの正常稼動と効率的な運用をサポートします。

    物流センターから商品の詳細な物流データ(入出荷実積データ、在庫データ等)やシステムのエラーログデータを 「物流Webサーバー」に毎日自動抽出します。その後、大林組内に設置されている「物流分析システム」で問題解決のために必要なデータを「物流Webサーバー」から取り出して分析処理し、効率的な商品の格納倉庫の割付け、ストック数量の適性値、最適な出庫スケジュールの編成、要員配置のレポートを作成します。
     
  2. 物流センターの運用を総合的にサポートします。

    大林組は、事業主に代わって関連機器メーカーを調整し、障害対応から、保守メンテンナスの調整、オーバーホール計画の提案までセンターの運用を総合的にバックアップします。
    各メーカーの技術者は、「物流Webサーバー」に 障害対応記録、ハード・ソフトのメンテナンス実施記録、情報機器リスト、予備品リスト、各種連絡書などを登録します。大林組は、各社の内容を確認し、関連メーカーにフィードバックし、関連情報をまとめて事業主に報告します。これらの途中経過、結果報告書は、全て「物流Webサーバー」上で一元管理します。

     
  3. 利便性を確保し、セキュリティーも万全です。

    本システムは、SSL(セキュア・ソケット・レイヤー)プロトコルの暗号化通信にてセキュリティーを確保しています。
    事業主、関連機器メーカー、大林組毎にユーザーグループ、ユーザーID、パスワードを設け、登録情報の開示範囲を制御しています。関係者は、インターネットが接続できる環境にあれば、いつでもどこからでも参照できます。

     
  4. 「物流Webサーバー」本体もバックアップ保守管理しています。

    「物流Webサーバー」の本体は、大林組の物流Webサイト(東京都隅田区)に設置して、常時監視、定期的バックアップなどの運用管理を行なっています。

     
  5. 導入コストが安く、システムの拡張、カスタマイズが容易に行えます。
     

今後、大林組の物流エンジニアリングは、「ハードからソフトへ」から「ソフトから運用メンテンナスへ」とフレキシブルな視点で市場ニーズへの対応を目指し、物流センター事業主のよきパートナーとして事業をサポートしてまいります。
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014