Web対応GISを用いた土工事施工管理システムを開発

プレスリリース

pointer Web対応GISを用いた土工事施工管理システムを開発
リアルタイムかつ高品質な施工管理情報の共有・連携により管理の高度情報化・効率化を実現
  大林組は、Web対応GISを用いて造成やダムなどの土木工事施工を管理するシステムを開発しました。各種図面や締固め状態など、施工管理に必要なデータが地図上で確認できるほか、全てのデータは電子化・一元化されるので情報の共有・連携が図れます。また、Web対応なので発注者や関連部署、協力会社もリアルタイムな施工状況や施工履歴を確認できるなど、施工管理の高度情報化・効率化を実現します。

土工事の施工管理は、工程管理や品質管理、出来形管理など種々の管理が必要で、近年は、コンピュータの進化とCALS/ECの推進から大部分の電子化が行われていますが、データの共有・連携を考慮していないものが多く、必ずしも省力化・合理化にはなっていない状況にあります。

今回、大林組が開発したWeb対応GISを用いた土工事施工管理システムは、品質管理に必要な各種モニタリングデータや施工図、出来形図などの各種図面、工事の進捗に応じて撮影する工事写真、施工エリア全域の締固め状態や転圧回数、機械位置等の施工状況に関するデータなど、施工管理に必要な種々のデータをデータベースに登録し、それぞれの情報を連携させて地図上に表示することができます。同システムはWeb対応なので、工事事務所内のみならず、関連部署や発注者との情報共有が図れ、品質管理や出来形管理などの高度情報化・効率化を実現するシステムです。

施工図に関しては、現場の施工の進捗状況に伴い、原設計に対し検討を行い、設計変更を行う場合も多いのですが、変更の都度、図面に検索時のヒントとなる属性を持たせてデータベースに登録することで、図面データを一元管理できます。各種モニタリングデータや出来形図、工事写真等のデータも随時データベースに登録することで、一元管理が可能です。

施工状況については、振動ローラーに搭載した加速度センサーとGPSを組み合わせることにより、施工エリア全域の締固め状態や転圧回数等の品質に関するデータをリアルタイムに一元管理できる高精度盛土管理システム「COMPACT」を用いることで、地図上でリアルタイムにモニタリングできます。「COMPACT」の活用により、工法規定と品質規定に基づく高度な施工管理を実現し、品質を客観的に保証することができます。

施工区域の各地点(登録ポイント)におけるそれらのデータは、地図上の各ポイントをクリックするか、登録した属性をキーワードとして検索することで、任意の場所・時間(日付)における情報を、容易にパソコン画面上に表示することができます。また、必要な条件を設定すれば、データベース上の各種データが連携し、任意の場所・時間(日付)における断面図や3次元図などを作成・出力することも可能です。

今回、開発したWeb対応GISを用いた施工管理システムの特長は次のとおりです。
  1. 土工事施工管理の高度情報化・効率化を実現します

    各種図面や締固め状態など、施工管理に必要なデータが地図上で確認できるほか、全てのデータは電子化・一元化されるので情報の共有・連携が図れます。結果、土工事施工管理の高度情報化・効率化を実現します。
     
  2. Webの利用により情報の共有化が図れ、信頼性が向上します

    Webを利用することで、工事現場内のみならず、発注者や関連部署、協力会社も各データを共有できるため、現場に出向かなくとも手元のパソコン画面上でリアルタイムに施工状況を確認できるほか、施工履歴も検索できるので、施工の信頼性が向上します。
     
  3. 施工履歴の検索が容易です

    施工区域の各地点(登録ポイント)における図面や工事写真、施工状況などのデータは、地図上の各ポイントをクリックするか、登録した属性をキーワードとして検索することで、パソコン画面上に表示することができます。そのため、施工中はもちろん竣工後においても、履歴の確認が必要となった際は、任意の場所・時間(日付)における情報を容易に確認することが可能です。


大林組では、今後、Web対応GISを用いた施工管理システムのさらなる高度化を進め、作業の効率化、省力化、施工の信頼性の向上など、土工事施工管理のBPR(業務改革)を目指します。
 
以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014