PDAによる仕上げ検査システムを開発大林組の開発した「GLYPHSHOT」をベースにした検査システムです

プレスリリース

pointer PDAによる仕上げ検査システムを開発
大林組の開発した「GLYPHSHOT」をベースにした検査システムです
  大林組は、PDA(Personal Digital Assistant 携帯情報端末)を用いて効率的に工事の仕上げ状況のチェックを行うことができるシステムを開発、実用化しました。工事監督者は、PDAを用いて施工現場での仕上げ状況のチェックから仕上げ是正箇所の入力、協力会社への是正指示書作成、是正箇所の修正報告の集計を、簡単な操作で短時間のうちに処理することが可能になります。

従来の建物の仕上げ状況のチェックは、工事監督者が直接仕上げ状況をチェックし、不具合があればそれを図面にメモします。工事監督者は、各部屋、各フロアー毎に順次この作業を行っていき、すべてのチェックが終わった段階で是正箇所のメモを図面に清書します。手直しを依頼する協力会社へは、清書した図面をコピーして渡しますが、その際、1枚の図面に複数の協力会社の是正指示が入っているため、それぞれの会社が担当する部分にマーカーを引いて、他社の是正部分と間違えないようにします。

今回開発した「仕上げ検査システム」は、検査に先立ってあらかじめPDAに取り込んでおいた図面に、不具合箇所の状況や指摘事項を、文字、画像、音声を使って直接入力できます。例えば、工事監督者が仕上げ状況をチェックした際に、クロスの剥れがあった場合、工事監督者はその旨を文字(メモ)やデジカメによる画像、工事監督者本人の音声による音声メモにより図面に入力することができます。入力されたデータは、図面上では「メモ」、「写真」、「音声」とかかれたアイテムで表示され、そのアイテムをクリックすると先の是正事項の内容(クロスの剥れ)が表示される仕組みになっています。工事監督者は、仕上げ状況で不具合のあった箇所のチェックを行い、不具合があった場合は随時その旨を図面に入力していきます。すべての入力が完了した図面は、そのまま協力業者への是正指示書(図面)になりますので、改めて指示書を清書する手間が省けます。また、是正指示書を作成する際に、協力業者名を指定して出力すれば、その会社だけの是正指示書が出ますので、わざわざマーカーを引いて他社と区別する手間が省けます。手直しが終了すると、手直しが完了した旨のデータを図面上に入力しますので、最終的にその図面は検査記録として保存できます。

今回のシステムは、「GLYPHSHOT」というGISシステムに似た情報管理システムをベースに構築されています。GISシステムでは、電子地図上に営業情報や防災情報、個別の建物や公園といったオブジェクトが表示されますが、「GLYPHSHOT」では、電子地図の代わりにCAD図面やイメージ図、イラストなどの上にもアイテムを表示することができます。今回大林組は、竣工図面の上に是正箇所というアイテムを表示する使い方をしましたが、今後、専用のアイテムを追加し、施工中の仮設機材や安全設備の点検、施工現場での計測データの管理、竣工後の建物の定期点検や調査診断など様々な業務に活用していく予定です。「GLYPHSHOT」ではひとつの図面に同時に異なるアイテムを配置できるので、アイテムの種類が増えれば“施工現場の巡回中に「仕上げ検査」を行いながら同時に「安全設備の点検」を行う”などの使い方が出来ます。また大林組は、建設業以外の業界や企業では「GLYPHSHOT」をもっと別な用途に使うことができると考え、現在「GLYPHSHOT」の販売や企業向けのカスタマイズサービスの提供を検討しています。

「仕上げ検査システム」と「GLYPHSHOT」の特長は次のとおりです。
  1. 仕上げ検査に伴う煩雑な作業が軽減します。

    協力業者への是正指示書の作成、是正箇所の修正報告集計、検査記録としての図面の保管が簡単に、短時間で処理できます。
     
  2. デスクトップとPDAの連携が容易です。

    デスクトップとPDAの間のデータ転送は1ステップで出来ます。また、アイテムを配置する画面構成と操作性が共通なので導入時の教育も容易です。
     
  3. ひとつのシステムで複数の業務を同時に行えます。

    ひとつの図面に様々なアイテムを配置できるので、施工現場の巡回中に「仕上げ検査」を行いながら「安全設備の点検」を同時に行うことが出来ます。
     
  4. 機能の拡張が容易です。

    アイテムの機能は完全にモジュール化されているため、特定の用途に特化したアイテムを容易に開発し追加できます。

今後、大林組では、仕上げ検査システムと「GLYPHSHOT」を使い、新築建物だけでなく既存の建物の状況をチェックし、建物の品質管理を徹底していきます。
なお、10月9日(水)から11日(金)の3日間東京ビックサイトで開催されるA/E/C Systems Japan 2002に「GLYPHSHOT」を参考出品いたします。


以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014