表面加工が自由な、超軽量・超高耐久プレキャスト(PCa)カーテンウォールを開発~造形性に富んだメンテナンスフリーの外壁「Visual Concrete」を、従来と同等の価格で実現~

プレスリリース

pointer 表面加工が自由な、超軽量・超高耐久プレキャスト(PCa)カーテンウォールを開発
造形性に富んだメンテナンスフリーの外壁「Visual Concrete」を、従来と同等の価格で実現
  大林組とショックベトン・ジヤパン(本社:埼玉県川越市、社長:佐々木良昭)は共同で、天然石風仕上げから、幾何学的な文様や、漆喰風の仕上げまで表面加工を自由に行うことができ、かつ多数のカラーリングが可能な超軽量・超高耐久外壁、「Visual Concrete(ビジュアルコンクリート)」PCaカーテンウォールを開発しました。従来の超軽量コンクリートと同等の価格でメンテナンスフリーな外壁を多様なデザイニングで提供します。

高層建築物は、地震に対する荷重の軽減等を目的として、より軽量な外壁が求められています。一般的には、高層建築物の外壁として用いられるPCaカーテンウォールの軽量化のために、人工軽量骨材などが粗骨材や細骨材として用いられています。しかし、骨材の超軽量化を進めると、PCaカーテンウォールは軽量化できるものの、一方では、多孔質になり吸水率や乾燥収縮率が大きくなるため、ひび割れや中性化が進行し易く、凍結融解抵抗性が低下してしまうため、耐久性に課題がありました。
また、従来のPCaカーテンウォールは、製造上の制限によりタイルや石を用いる場合でも、画一的なデザインのものがほとんどで、よりデザイン自由度の高いものが求められていました。

大林組は、多様な表現を可能とする超軽量かつ、超高耐久PCaカーテンウォール「Visual Concrete(ビジュアルコンクリート)」を開発、実用化しました。表層部には緻密な構造により超高耐久性を実現し、かつ意匠性に富んだポリマーセメントコンクリートを用い、背面部には超軽量コンクリートを用いています。それらを、独自の編織物状のタイル剥落防止建材「インターネット」*により接合することで一体化し、従来は、困難だった、超軽量と超高耐久性を同時に確保し、かつデザインの自由度を飛躍的に向上させています。表面の造形は、天然石風の仕上げから、幾何学的な文様や各種レリーフ加工、漆喰風の仕上げ、洗い出し仕上げ、打放し仕上げなどが可能で、それぞれにカラーリングを施すことができるので多様なデザインが可能となります。緻密な表層部は、吸水性が低く、中性化の進行が全くないので、汚れが付きにくくメンテナンスフリーを実現することができます。また、断熱材や電波吸収体を内臓することも可能で、断熱性能や電波吸収性能を有する多機能PCaカーテンウォールも製造することができます。

*「インターネット」:大林組がショックベトン・ジヤパンと東洋紡績鰍ニ共同で開発したタイル張り仕上げ壁のタイル剥落防止建材。動的振動試験では、阪神大震災規模の地震でも、タイルの剥落は全くありませんでした。

今回開発した「Visual Concrete(ビジュアルコンクリート)」の特長は次のとおりです。
  1. 多様なデザイニングが可能

    表層のポリマーセメントは、天然石風の仕上げから、幾何学的な文様や各種レリーフ加工、漆喰風の仕上げ、洗い出し仕上げ、打放し仕上げなどが可能で、それぞれにカラーリングを施すことができるので多様なデザインが可能となります。
     
  2. 超高耐久性を実現

    表層には、緻密なポリマーセメントを用いることで、背面コンクリートの密度にかかわらず、優れた耐久性を有するPCaカーテンウォールの製造が可能です。
     
  3. 超軽量を実現

    緻密なポリマーセメントを表層部に用い、背面コンクリートには超軽量コンクリートを使用することにより、超高耐久でありながら超軽量も実現することができます。
     
  4. 従来と同等のコストで製造可能

    製造には特殊な設備や技術は不要です。また、材料コストの高いポリマーセメントは、表層部だけに使用しているので、タイルや石を用いる従来のPCaカーテンウォールと比べ、同等のコストで製造することが可能です。
     
  5. メンテナンスフリーを実現

    吸水性・透水性が著しく低く、中性化が全く進行しないため、汚れが付きにくく、表層保護のためのメンテナンスが不要です。
     
  6. 断熱性能や電波吸収性能も実現可能

    内部に、断熱材や電波吸収体を埋込むことで、断熱性能や電波吸収性能を有する多機能PCaカーテンウォールを製造することも可能です。

今後、大林組では、「Visual Concrete(ビジュアルコンクリート)」を高層建築の外壁材として積極的に提案していきます。

Visual Concrete模型 Visual Concrete試作品
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014