インターネットを利用した「採用内定者とのコミュニケーションシステム」を販売します

プレスリリース

pointer インターネットを利用した「採用内定者とのコミュニケーションシステム」を販売します
採用内定者とのスムーズな情報交換を実現し、人事部門の業務負担を軽減します
  大林組は、情報関連の子会社である(株)オーク情報システムを通じて、インターネットを利用した「採用内定者とのコミュニケーションシステム」を販売します。発信情報の自動通知機能によるスムーズな情報交換を実現し、採用内定者への連絡業務を担当する人事部の負担を軽減します。

従来、当社では、新卒の採用内定者とは郵便によって連絡を取り合っていました。しかし、最近の学生は自宅や学校でインターネットにアクセスできる環境がほぼ100%に達しているという状況から「採用内定者とのコミュニケーションシステム」を開発し、一昨年前から導入しています。同システムは、大林組が現場工事事務所において協力業者との工事見積や図面データのやり取りなどの情報共有に活用しているエクストラネットサービス「OC−COMET」と同様の仕組みとなっています。
同システムを自社で試行した結果、人事部の業務負担が大幅に軽減されるなどの効果が確認できたことから、今回、販売を開始することとしました。

同システムは、パソコンからユーザIDとパスワードを入力してネットワークサーバに接続することにより、いつでもどこでも情報の確認や発信が行えます。企業の人事担当者と採用内定者の双方が、各人のプラットホーム上で相手からの情報発信を確認できるほか、過去の情報も再確認できるので、効率的に情報交換・確認が行えます。
人事部からは採用内定者への事務連絡や書類の発信、アンケートなどを実施します。アクセスログが取れるので、採用内定者が発信情報を確認したかどうかが分かります。また、提出書類やアンケートへの回答などを外部ファイルへ出力でき、データ等を簡単に整理・集計することが可能です。採用内定者からは人事部への質問や書類の提出を行えるだけでなく、内定者同士のコミュニケーションにも活用できます。

同システムは利用者が自らカスタマイズすることも可能なほか、オーク情報システムが個別のカスタマイズに対応する体制も整えています。

今回、販売を開始する「採用内定者とのコミュニケーションシステム」の特長は次のとおりです。
  1. 採用内定者との連絡を担当する人事部の業務効率が大幅に改善します

    同システムを試行した結果、採用内定者に対する細かい連絡事項の伝達や、提出された書類の整理・集計を簡単に行うことができ、採用内定者への連絡を担当する人事部の業務効率が大幅に改善されました。
     
  2. 発信情報の自動通知機能によるスムーズな情報交換を実現します

    人事部と採用内定者間で行われる事務連絡や課題・書類等の発信、提出に関しては、人事担当者が連絡事項や課題・書類等を発信すると、採用内定者のプラットホームに自動的に通知されます。課題や書類等に関しては、採用内定者は入力後に提出ボタンを押すだけで提出が行えます。提出についても、人事担当者のプラットホームに自動通知される機能があります。各人はプラットホームを開けばお互いの発信情報を確認できるので、人事部と採用内定者間において、情報交換がスムーズに行えます。
     
  3. ウェブ上で活発に情報交換を行えることで、採用内定者の入社までの不安感が取り除かれるうえ、結束力が高まります

    同システムを実際に利用した新入社員からは、人事部や他の採用内定者とウェブ上で活発に情報交換が行えたことで、情報不足で不安になりがちな入社までの数ヶ月間、安心感を得られたと好評でした。また、情報交換を行う過程で、地域ごとに懇親会を自発的に開催するなど、入社後の研修で顔を合わせた新入社員たちは、近年にないほど結束力が高く、研修も非常にスムーズに行われました。
     
  4. 入社前から情報共有の大切さを理解できます

    採用内定者が、入社前から情報共有システムに慣れ親しむことで、ナレッジマネジメントなどに代表される情報共有の大切さを理解できます。

大林組は、今後、インターネットを利用した「採用内定者とのコミュニケーションシステム」を、積極的に提案・販売していきます。
以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014