大型病院PFI事業が始動 ~近江八幡市民病院整備運営事業に関する事業契約を締結~

プレスリリース

pointer 大型病院PFI事業が始動
近江八幡市民病院整備運営事業に関する事業契約を締結
  大林組は、「近江八幡市民病院整備運営事業」に関し、平成15年11月25日、大林組が100%出資する特別目的会社と近江八幡市との間で事業契約を締結しました。今後は、平成18年秋の病院開院に向けて近江八幡市と具体的な作業に入ることとなります。
当事業は、市民病院の経営責任は近江八幡市が負うという大前提のもと、市民病院における診療行為をはじめとする病院経営は近江八幡市が行ない、PFI事業者は病院施設の設計・建設、所有、維持管理の他、市の病院経営をサポートする病院内運営業務と施設整備費の資金調達を行なうという、官民のパートナーシップにより、従来より一層効率的で、かつ市民サービスも向上した病院運営を行なうことを目指しています。大林組の高いソリューション力による事業構築が評価され、今回の契約締結にいたりました。

事業主体と事業スケジュールは次のとおりです。

事業主体 : PFI近江八幡(株)
(大林組100%出資の特別目的会社、
代表取締役:井谷守*)
設 計 : 大林組
(株)内藤建築事務所
(本社:京都市左京区、代表取締役社長: 小島重喜)
施 工 : 大林組
設計及び施工 : 平成15年11月~平成18年春
維持管理期間 : 平成18年秋・病院開院~平成48年(30年間)
*代表取締役 井谷守:大林組PFI推進部・上席グループ長

大林組は、当事業を含め既に、12件の優先交渉権者に選ばれ、業界随一の実績を上げており、自らがPFI事業の事業主体となることで、的確なリスクマネジメントと、各分野の高度な専門技術やノウハウを集約した完成度の高い事業スキームを実現してきました。
今後、大林組は、PFIに関して、これまで蓄積してきた総合ソリューション力に加え、本事業から得られる病院運営のノウハウを生かしながら、今後、全国で数多くの実施が予想される病院整備運営のPFI事業についても、事業権の獲得に向けて積極的な提案を行っていきます。

【病院施設の概要】
1. 敷地面積 :56,000m2
2. 延床面積 :32,900m2
3. 容積率 :58.8%
4. 建蔽率 :21.0%
5. 建築面積 :11,763m2
6. 階数 :5階
7.構造 :RC造
8.最高高さ :20.7m
9.基準階高 :3.5m
10.基準スパン :6.3m×6.3m
11.駐車台数 :約900台
12.駐輪台数 :約250台
○病床数 一般病床:403床
床感染症病床:4床

【PFI事業の概要】

BOT方式 [設計・建設−保有−運営・維持管理(30年間)−譲渡]
病院施設整備業務(設計・建設)
病院施設維持管理業務(建物設備保守管理、長期修繕、清掃、警備等)
病院運営業務(医療事務、検体検査、物品管理、給食等非医療行為に限定)
その他業務(レストラン、売店運営、経営コンサルテーション)


 
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 企画・報道・IRグループ
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014