現場で発生する伐採材や根株を利用して森林の保護に取り組んでいます

プレスリリース

pointer 現場で発生する伐採材や根株を利用して森林の保護に取り組んでいます
効果的な森林保護を実現する「林縁保護工法」を活用
  大林組は、大阪府泉南部岬町多奈川地区多目的公園用地造成事業の土砂採取供給工事において、現場で発生した伐採材などを用いて森林を保護する取り組みを行っています。伐採材や根株を森林と開発区域との境界部(林縁)に垣根状に積み上げることで、乾燥の原因となる開発区域からの風の影響を抑えるなど、既存の森林の保護に取り組んでいます。

丘陵部などで森林の樹林を伐採し、開発をする場合、開発区域から森林へ風が吹き込んで、既存の森林そのものが衰退していく恐れがあります。ここ岬町の土砂採取地は、多目的公園として整備されることが予定されており、開発による森林への影響を出来る限り緩和するとともに、本来そこに生息している希少な植物を含めた生態系の維持が求められています。
従来は、森林への影響を抑えるために、暴風ネットで覆う方法が一般的でしたが、設置後にネットが外れたり、破れたりしたときの保守作業等の維持管理が困難であること、ネット自体に保水機能がないため乾燥防止の効果が低い、などの課題があり、より有効な方法の開発が求められていました。

今回大林組が岬町で取り組んだ森林保護は、現場で発生する伐採材や根株を利用して、林縁からの森林衰退を防ぐものです。林縁に沿って、根株を粉砕したチップを厚さ10センチメートル、幅2メートル程に敷きならし、さらに伐採材から小径木や枝葉を選び1メートル程の適度な高さに積み上げて垣根状にしました。
垣根が、林縁へ風が吹き込むことを抑制し、地表への太陽光を緩和します。チップは地表の細かい凹凸にも応じて落ち着き、太陽光を遮るとともに吸湿性があるので乾燥を防止する効果があります。
伐採材やチップは現場で発生したものだけを使用しており、またチップを敷きならしたところには、飛来する異種が根づきにくいので、もともと生息していた希少な植物も繁殖力旺盛な雑草の影響を受けることなく回復が認められるなど植生再生に良好な環境を保っています。

大林組では今回の取り組みを「林縁保護工法」と名づけ他の地域の開発にも積極的に提案していきます。

今回活用した「林縁保護工法」の特長は次のとおりです。

  1. 林縁部からの乾燥を防ぎ既存の森林を保護します
    垣根状に積み上げた伐採材が、遮るものがなく吹き込む風を緩和し、敷きならしたチップと共に乾燥を抑え、森林の後退を防ぎます。
     
  2. もともと生息している希少な植物の再生力を向上させます
    垣根に用いる伐採材やチップは、現場で発生したもののみを用いるため、外部からの異種植物の混入の恐れがありません。敷きならしたチップにより、雑草等が根づきにくく、土壌の保水性が向上して、本来そこに生息している希少な植物の生存回復に好ましい環境を創造します。
     
  3. コストの削減や廃棄物の削減を実現します
    従来は廃棄物として処分していた伐採材や根株を利用するため、材料費が不要で、加えて廃棄物量削減によるコスト縮減を実現します。
     
  4. 自然にやさしい工法です
    伐採材やチップは、時間とともに有機物として分解されるため、林縁部に生育する植物の有機物肥料としての役割も果たす自然にやさしい工法です。
今後大林組では、「林縁保護工法」の他、環境に配慮したさまざまな工法を積極的に採用して、自然環境の保全に貢献していきます。
以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014