低温でも効率的に汚染土を浄化する「温度管理型バイオパイル工法」の現場実証実験に成功

掘削した油汚染土を低コスト、短工期で浄化する最適な浄化工法です

プレスリリース

大林組は、掘削した油汚染土のバイオ浄化において、冬季などの低温環境下でも微生物の分解能力が落ちない「温度管理型バイオパイル工法」を開発しました。2004年10月~2005年3月にかけてこの工法を用いた現場での実証試験を実施し、十分な浄化効果があることを確認しました。

大林組は、掘削した汚染土を微生物の働きで浄化するバイオレメディエーションで、多くの実積をあげています。1990年代に国内企業として初めて、クウェートで15,000m³に及ぶ汚染土のバイオ処理を実施して以来、国内で掘削油汚染土のバイオ処理を手がけてきました。
しかし、これまでのバイオ処理は、処理コストが安いというメリットがある反面、比較的長い浄化期間が必要でした。特に冬季などの低温期には微生物の活性が下がり、更に浄化の進行が遅くなるという課題がありました。

今回、開発した「温度管理型バイオパイル工法」は、掘削した油汚染土に、特殊な資材を添加し、敷地内に畝(うね)状に細長く積んでおくだけで、汚染土の中の微生物が活性化し、油分を分解できるものです。バイオ処理に適した温度は10℃から50℃の間であり、そのなかでも最適な温度は25~40℃です。処理時の季節や気温に応じて、特殊資材の添加量、通気量を適切に設定することにより、汚染土をバイオ処理に最適な温度に保つことができ、微生物の活性が低下する冬季においても、効果的なバイオ処理が可能となることがわかりました。

微生物の活性に最適な温度で効率的に処理できるので、浄化に要する工期を大幅に短縮することができます。大林組が2004年10月~2005年3月にかけて、1,200m³の汚染土を用いて実施した実証試験の結果では、浄化開始後約2週間で温度が最高値に達し、浄化速度が最大となりました。その後浄化速度は減少し、1ヶ月後には油膜・油臭が消失し、油汚染をほぼ分解しました。従来のバイオ処理工法では冬季における浄化に3ヶ月かかっていましたがこの工法では以上のように、1ヶ月で浄化できます。また、工期の短縮などによる効果で浄化コストも大幅に低減します。従来のバイオ処理の工法と比較して20%低減することが可能です。

「温度管理型バイオパイル工法」の特長は、以下の通りです。
  1. 冬季でも施工可能なバイオ処理工法です

    冬季などの低温時には微生物の活性が低下するため、バイオでの土壌浄化には、長い浄化期間がかかっていました。当工法では、施工時の季節・気温に応じてバイオ処理に最適な温度が得られるよう特殊資材添加量とバイオパイル通気量を制御するので、一年中いつでも、最速の浄化速度で油汚染土を浄化することができます。


  2. 低コスト、短期工程の浄化技術です

    当工法ではバイオ浄化環境を最適に保ちますので、処理が最速で進行し、処理工程が短縮されます。これにより、通常でも低コストとされるバイオ処理ですが、さらにコストを低減することが可能となりました。従来のバイオ処理では3ヶ月かかっていた処理期間が1ヶ月で済みます。コストも従来法に比べ20%低減することができました。


  3. 掘削した油汚染土を処理できる技術です

    原位置で処理するのではなく、掘削した土を処理しますので、ムラなく確実に浄化することができます。また、ガソリンや灯油、軽油などの軽質油はもちろん、重油などの重質油で汚染された土に対しても有効な工法です。

大林組は今後、掘削した油汚染土の低コストでバイオ処理できる工法「温度管理型バイオパイル工法」の実用化を進め、積極的に提案していきます。

資材混合状況

以上

■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 企画・報道・IRグループ
東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014