「大林グループのビル管理事業を再編、子会社2社を統合」

プレスリリース

pointer 「大林グループのビル管理事業を再編、子会社2社を統合」
  大林組は、ビル管理子会社2社の統合を決定いたしました。
合併するのは、大林組100%子会社の東洋ビルサービス(株)(本社:大阪市中央区、社長:高城 慎三)と、同じく100%子会社の(株)オークビルサービス(本社:東京都新宿区、社長:中村 直靖)で、合併期日は本年7月1日とし、東洋ビルサービスを存続会社といたします。
これまでは、東洋ビルサービスが西日本、オークビルサービスが東日本を事業エリアとしてビル管理事業、建築・設備等のリニューアル事業を行ってきました。しかし、近年、全国的にビル建設が増加していることから、全国を1社でカバーできる体制を整え、営業力の強化を図ることといたしました。今回の合併により、経営基盤の一層の強化と経営の効率化を図るとともに、大林組と連携した営業体制の強化や、リニューアルや耐震・省エネ診断などゼネコン系ビル管理会社が持つ強みを活かし、業容拡大を目指します。
なお、合併後の新社名は「大林ファシリティーズ株式会社」といたします。

            
【合併新会社の概要】
 会 社 名  : 大林ファシリティーズ株式会社
 本   社  : 東京都新宿区
        (本店登記  大阪市中央区)
 資 本 金  : 50百万円
 合 併 期 日 : 平成17年7月1日
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 企画・報道・IRグループ
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014