ドバイ都市交通システムの建設工事の契約を締結

プレスリリース

pointer ドバイ都市交通システムの建設工事の契約を締結
  大林組は、鹿島建設(株)(社長:中村満義)、Yapi Merkezi Insaat Ve Sanati A.S.(トルコ、社長:Basar Aykar)の3社共同で、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ市において、総延長約70qに及ぶ都市交通システムの建設工事部分を正式に受注しました。本年5月に受注内示を受けた後、最終的な契約交渉を行い、7月9日に正式に契約調印に至ったものです。
建設工事部分の受注金額は第一期・第二期合わせて約2,280億円(第一期:約1,550億円、第二期約730億円)となります。

この工事は、三菱重工業(株)、三菱商事(株)、大林組、鹿島建設(株)、Yapi Merkezi Insaat Ve Sanati A.S.の5社連合(リーダーは三菱重工業)が、ドバイ市庁より鉄道システム一式を受注したもので、総事業費は約4,000億円にのぼります。その内、大林組を代表とする3社JVは、高架約56q、地下約14q、駅舎41駅などの建設工事部分を担当し、車両・設備供給部分を三菱重工・三菱商事が担当いたします。
建設は第1期、第2期に分けて行われ、2005年8月から始まる予定の第1期工事はドバイ国際空港とジュベル・アリ(経済特区)を結ぶ路線長約52q(高架約46q、地下約6q、駅舎27駅)で、開業は2009年の予定です。

大林組は海外土木工事の拡大を目指しており、今後も当社の保有する高い技術力を活かして海外工事に積極的にチャレンジしていきます。

【工事概要】
(1)ドバイ都市交通システム建設事業(Phase 1)
  施工場所:アラブ首長国連邦 ドバイ市
  発 注 者:ドバイ市庁
  施 工 者:大林組(50%)、鹿島建設(35%)、
       Yapi Merkezi(15%)
  受注金額:約1,550億円(全体)
  契約工期:49ヵ月
  内  容:延長約52.1km
       高架46.5km 23駅、 地下5.6km 4駅
(2)ドバイ都市交通システム建設事業(Phase 2)
  施工場所:アラブ首長国連邦 ドバイ市
  発 注 者:ドバイ市庁
  施 工 者:大林組(50%)、鹿島建設(35%)、
       Yapi Merkezi(15%)
  受注金額:約730億円(全体)
  契約工期:35ヵ月
  内  容:延長約17.5km
       高架9.6km 8駅、 地下7.9km 6駅
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 企画・報道・IRグループ
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014