大林組の文化事業「TN プローブ」が第22回講演会を開催

プレスリリース

pointer 大林組の文化事業「TN プローブ」が第22回講演会を開催
  大林組の文化事業を担当するTN(ティーエヌ)プローブ※は、来る3月27日(月)に、ロンドンの都市政策において中心的な役割を果たされているリチャード・バーデット氏を招いて講演会を開催します。
※TN プローブ:
都市や建築のあり方を議論する場を提供し社会に貢献することを目的に、1995年に設置した大林組の社内組織。発足の地である六本木の「鳥居坂」と、「ネットワーキング」の頭文字を取り、英語の「探求」を表す「PROBE」を組み合わせた。
TN プローブはこれまで、都市や建築に関する文化の発展に貢献するため、街づくり、建築デザイン、ランドスケープデザイン、土木デザインなど、建設にかかわる様々な分野を取り上げ、シンポジウムや展覧会などを一般の方々に向けて開催してきました。また、建築関係の書籍やビデオを発行し、WEBでの情報発信も行っています。
今回、講演をしていただくリチャード・バーデット氏は、建築や都市計画と、社会や経済をつなぐ重要性に注目し、ロンドン大学の政治・経済学の専門機関であるLSE※の中に都市研究の部門を創設したディレクターであり、同大学の教授も務められています。一方で、ロンドン市長の都市計画諮問機関のメンバーとしても活躍されており、学術面と実践面の両方での活躍が大変注目されています。
本講演会では、欧州最大のグローバル都市・ロンドンについて「変容するロンドン:グローバルな状況での都市の変化」をテーマに語っていただきます。ロンドンでは2012年にオリンピックが開催されるため様々なプロジェクトが進められています。同氏の分析を通じて、日々進化しているロンドンの都市空間のユニークさが紹介される予定です。
※LSE ロンドン大学の中にあるThe London School of Economics and Political Scienceの略
【講  師】
 リチャード・バーデット
 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・
 ポリティカル・サイエンス(LSE)、シティズ・プログラム教授
 第10回ヴェネチアビエンナーレ国際建築展ディレクター
  
【開催概要】
 ■開催日時 :2006年3月27日[月]
        講演18:30~20:30 (開場18:00)
 ■会  場 :大林組内3Fホール
        東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟
        (JR・京浜急行 品川駅下車徒歩10分) 
 ■入場料  :無料
 ■主催・企画:TN プローブ
 ■詳細問合せ:TN プローブ(tel. 03-5769-1020)
        http://www.tnprobe.com
以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 企画・報道・IRグループ
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014