VOC汚染浄化用微生物栄養剤「クロロクリンW」を開発、実用化~工場建屋直下の汚染をより簡易に浄化、浄化費用30%削減~

プレスリリース

pointer VOC汚染浄化用微生物栄養剤「クロロクリンW」を開発、実用化
~工場建屋直下の汚染をより簡易に浄化、浄化費用30%削減~
  大林組は、VOC※汚染土を浄化する微生物栄養剤「クロロクリンW」を開発し、実用化しました。操業中の工場において、VOC原位置浄化に有効な本栄養剤を使用することにより、建屋直下の汚染土浄化が可能となり、約30%の浄化費用が削減できます。

当社では「クロロクリンW」に先立ち、微生物によるVOC分解が早く、市販の栄養剤に比べて約半額と安価な栄養剤「クロロクリン」を開発しています。この「クロロクリン」を水に溶かした溶液を注入井戸から地盤に浸透させることにより、地盤中のVOC分解菌を活性化させてVOCを分解する「クロロクリン工法」では、既に多くの工事実績を有しています。

今回開発した「クロロクリンW」は、ゆっくりと栄養剤が分解されるため、長期間浄化効果が持続できます。また、水に容易に溶解し、溶解液の粘性は水と同等で地盤への吸着性も小さいため、従来の栄養剤よりも広範囲(面積にして4倍)に浸透させることが可能となります。このため、工場建屋の外に設置した注入井戸から建屋直下の汚染域に至るまで、広域に栄養剤を到達させて浄化することができ、透水性の悪い地盤においても適応が可能となります。
「クロロクリンW」は、市販の栄養剤と比較して約半額と安価で、注入井戸の本数の削減など、設備費の低減が図れることから、全体で約30%の浄化費用が削減できます。
VOC※
:VOC(Volatile Organic Compounds)とは、トリクロロエチレン等の揮発性有機化合物の総称で、IC基盤や電子部品の洗浄やドライクリーニングの溶剤として使用されています。
粘性が低いため、地中深く浸透し、汚染範囲が広範囲に及ぶ場合があります。
今回開発した『クロロクリンW』の特長は以下のとおりです。
  • 水にすぐに溶解し、溶解液の粘性は水と同等であるため広域に浸透します。
  • 市販の栄養剤と比較して約半額と安価な栄養剤です。
  • 注入井戸の本数の削減など、設備費の低減が図れることから、全体で約30%の浄化費用が削減できます。
  • 食品もしくは食品添加物で構成されているため、安全な栄養剤です。
  • 調合により、持続性を調節することができ、現場の土質条件や汚染濃度、汚染範囲に適した栄養剤とすることができます。


以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 メディア広報課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014