データセンターに最適な省エネルギー空調システム『クールエアキャプチャ™』を開発

冷却効率を大幅に向上 消費電力を20%削減

プレスリリース

大林組は、データセンターに最適な省エネルギー空調システム『クールエアキャプチャ™』を開発しました。当システムの採用により冷却効率が大幅に向上されるため、従来の空調システムと比較して約20%の消費電力の削減が図れます。

近年のデータセンターにおいては、インターネットやITシステムの普及に伴い、データセンターに配置されるサーバの高密度化が進み、サーバーからの発熱量が大幅に増大しています。このため、サーバールームをより効率的に冷却する空調システムが求められていました。
従来の空調システムでは、一般に床吹き出し空調方式が採用されていますが、サーバーの熱で温められた熱気が再びサーバー内に取り込まれるショートサーキットや、特定の場所に熱溜まりが生じることから、場所ごとに最適な吹き出し風量を調整する必要がありました。また、床下を給気経路としていたため、床下の通信・電気配線等が冷気の障害物となり、各床吹出口からの風量を均一に保つことが困難でした。

今回開発した省エネルギー空調システム『クールエアキャプチャ™』は、冷気を天井から吹き出すことで、床に衝突した冷気がサーバーに効率よく取り込まれ、サーバーを確実に冷却します。サーバーの熱で温められた熱気はサーバーの背面から排出され、上昇気流となって天井の吸込口に吸い込まれます。このように、サーバールーム内の熱気を効率よく排出させることによって、ショートサーキットや熱溜まりの発生を防ぎ、冷却効率が大幅に向上します。
また、本システムは天井吹出、天井吸込のため、床下配線等の影響を受けず、データセンターの運用後も安定した給気性能を確保することができます。

大林組では、省エネルギー空調システム『クールエアキャプチャ™』により、空調にかかる消費電力を削減し、データセンターの省エネルギーを実現していきたいと考えています。


以上

■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 メディア広報課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。