鉄筋コンクリート柱の耐震補強工法「耐震SDJパネルを用いた3Q-Column工法」が技術評価を取得

低騒音・短工期で高品質な鋼板巻き立て補強を実現

プレスリリース

株式会社大林組
新日鉄エンジニアリング株式会社

鉄筋コンクリート柱の耐震補強工法「耐震SDJパネルを用いた3Q-Column工法」が財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得し、聖心女子学院をはじめ3物件に採用しました。
同工法は、東海旅客鉄道(株)、(株)大林組、新日鉄エンジニアリング(株)、ジェイアール東海コンサルタンツ(株)が共同で、「既存鉄道コンクリート高架橋等の耐震補強工法」として「鋼製パネル組立て補強工法」を開発し、多くの実績を有する技術を建築物の柱に適用したものです。このたび(株)大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)と新日鉄エンジニアリング(株)(本社:東京都品川区、社長:羽矢惇)は、共同で財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得しました。

近年、大地震に備えて、古い耐震基準で設計された建物を補強することが急務とされ、官民を挙げて耐震化に取り組んでいますが、ほぼ24時間稼働する建物、たとえば病院やホテルなどは、建物を使いながら補強せざるを得ないため、なかなか耐震化が進んでいないのが現状です。
その一例として、柱の鋼板巻立て補強が必要な工事では、鋼板同士を現場で溶接するため、火災への対策や、溶接により発生する煙や臭いのために、建物を使いながら補強することが困難なことが課題となっていました。

今回、建築技術性能証明を取得した「3Q-Column®(サンキューコラム®)」(※1)は、高耐食性めっき鋼板を使用した小型の鋼製パネル(製品名:耐震SDJパネル®)(※2)を用い、同パネルのプレス加工した凹凸を嵌め込み、周囲をボルト等で固定して組み立てるもので、耐久性に優れた工法です。加えて現場での溶接や塗装が不要なため、工期短縮が可能であるとともに、軽量で人力施工が可能なため、作業性が大幅に改善されるほか、狭隘な場所での施工も可能です。

これまでの鉄道駅部の高架橋などでの多くの耐震補強の実績を踏まえ、喫緊の課題である耐震性の向上が求められる建築物の所有者や設計者に対して、大林組と新日鉄エンジニアリングは、無溶接、短工期で高品質な「3Q-Column®」による耐震補強を積極的に提案し、安心・安全な社会の実現に努めていきたいと考えています。


※1:「3Q」とは、Quiet, Quick and High-Qualityを意味し、低騒音、短工期で高品質な耐震補強工法を表しています。

※2:「SDJ」とは、Super Dyma Joint を意味し、Super Dyma® (スーパーダイマ)は新日本製鐵株式会社の高耐食性めっき鋼板の商品名です。

 

■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 メディア広報課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014