大林組技術研究所新本館にRFIDタグによるハンズフリーでの入退管理・在席情報を活用した省エネシステムを構築

プレスリリース

平成22年3月29日
株式会社大林組
日本電気株式会社
 

大林組技術研究所新本館にRFIDタグによる
ハンズフリーでの入退管理・在席情報を活用した省エネシステムを構築

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)と日本電気株式会社(以下 NEC 本社:東京都港区、社長:矢野薫)は、このたび2010年秋に完成予定の大林組技術研究所新本館(東京都清瀬市)に、RFIDタグ※1によるハンズフリーでの入退管理・在席情報を活用した省エネシステムを構築します。
 

このシステムは、大林組が発案したパーソナル空調・照明制御の基本コンセプトを基に、中央監視システムと、RFID/社員証認証システムをNECが構築します。
 

今回開発したRFIDタグは、検出範囲の正確性が高い“セミアクティブ方式”を採用しており、トリガユニット※2が発する電界内に入った時だけRFIDタグは電波を発信するとともに、電界内に長時間いる時は発信頻度を少なくすることで、RFIDタグ内の電池の長寿命化(通常使用状態で約3年)を可能としています。また、薄型化することにより、社員証を入れることができるホルダ形式として携帯しやすくしています。

さらに、社員の机ごとに狭範囲でRFIDタグによる在席情報を検知するための「小型トリガユニット」と「RFIDアンテナ」もあわせてNECが開発しており、RFIDアンテナで収集した個人認証、入退出・在席情報をRFID/社員証認証システムおよび中央監視システムに送信します。大林組は送信された情報を活用して、省エネをはじめとする様々な最適制御を実現します。 

 

大林組 RFIDタグ活用による省エネシステム
 

RFIDタグ活用による省エネシステムの概要は以下のとおりです。


  1. 各出入口では、カードをカードリーダにかざす等の認証操作をすることなく、ゲートを通るだけで入退出扉の施解錠を行うとともに、確実に各室の在室者を把握することができる。
  2. 席に着いた際にRFIDタグで個人認証を行い、本人の場合、中央監視システムへ在席情報を送信する。これにより在席を把握するとともに、個人単位での空調や照明をON/OFFすることで省エネを実現する。
  3. 空調や照明の制御によるエネルギー使用量の削減結果を中央監視システムで収集し、個人や組織単位での省エネの見える化を行う。
  4. 展示エリアでは、来客用のRFIDタグを検知することで、自動で映像案内を流す。
     

大林組 RFIDタグ 外観(社員証装着時)

大林組は、技術研究所新本館で実現する“快適性と省エネルギーを両立させた建築・設備技術”を今後も展開してまいります。
 

NECは、多くの導入実績により蓄積したRFIDに関するノウハウを活用し、お客様に最適な、先進のRFIDソリューションを今後も提供してまいります。

以上
 

※1 RFID(Radio Frequency Identification):メモリ機能を持つICチップを内蔵した“RFIDタグ(ICタグ)”

   にデータを格納し、ヒトやモノや場所に貼付。電波を用いてデータの読み出し・書き込みを行い、

   対象を一つ一つ識別する自動認識方法の一つ。
※2 トリガユニット:RFIDタグが電波を発するきっかけを作るための電界を発するためのユニット。

 

■この件に関するお問い合わせ先

大林組 CSR室広報課 河原
TEL 03-5769-1014

NEC コーポレートコミュニケーション部 飾森(シキモリ)
TEL 03-3798-6511
 

 

プレスリリースに記載の情報は、発表時のものです。