平成21年度土木学会賞を受賞しました

土木技術と社会の発展に貢献

サステナビリティ

土木学会は、土木工学の進歩や土木技術者の資質向上を図り、より良い社会基盤を整備して社会の発展に寄与するため、さまざまな活動を展開しています。

1920(大正9)年に創設された土木学会賞は90年の伝統を誇り、権威ある表彰制度として知られています。このたび、平成21年度の土木学会賞が発表され、大林組は、技術賞や環境賞をはじめ、多くの分野で表彰されました。

大林組 平成21年度土木学会賞を受賞

【平成21年度土木学会賞 受賞概要】

  • 技術賞
    線路切換計画技術と施工マネジメント技術
    ~大ターミナル新宿駅の全8回の線路切換工事を完遂させた技術~
  • 環境賞
    生態系に配慮した再資源化技術「タイヒシャトル工法」による、骨材製造過程で発生する脱水ケーキと伐採材の有効利用
  • 田中賞(作品部門)
    猿田川橋・巴川橋 (さるたがわばし・ともえがわばし)
  • 技術開発賞
    硫黄固化体を用いた下水道コンクリート防食被覆工法(エコサルファー防食工法)の開発
  • 国際活動奨励賞
    田部元太 (大林組 ドバイメトロ工事事務所 総括工事長)
  • 技術功労賞
    金田勉 (大林組 土木本部生産技術本部トンネル技術部)

大林組は、今後も知恵と技術を駆使し、人々の暮らしを守る社会基盤の整備に努めてまいります。