平成22年度土木学会賞を受賞しました

サステナビリティ

土木学会は、土木工学の進歩や土木技術者の資質向上を図り、より良い社会基盤を整備して社会の発展に寄与するため、さまざまな活動を展開しています。

1920(大正9)年に創設された土木学会賞は、90余年の伝統を誇り、権威ある表彰制度として知られています。
このたび、平成22年度の土木学会賞が発表され、大林組は、技術開発賞や環境賞をはじめ、多くの分野で表彰されました。

【平成22年度土木学会賞 受賞概要】

  • 技術開発賞
    地上発進・地上到達シールド工法(URUP工法)の開発
  • 環境賞
    粒状固化処理および流動化処理工法を用いた高圧噴射攪伴工法
    施工時に排出される排泥の路床材料としての有効利用
  • 田中賞(作品部門)
    コロラドリバー橋
  • 国際活動奨励賞
    石井隆信(大林組 海外支店土木営業部)
  • 技術功労賞
    福井真男(大林組 生産技術本部基盤技術部)

大林組は、今後も土木技術の開発や実用化に努め、より良い社会基盤の整備に貢献してまいります。