iPadを利用した新たな施工管理システムの実現

検査記録作業の電子化により品質管理の向上と見える化を実現

プレスリリース

iPadを利用した新たな施工管理システムの実現

検査記録作業の電子化により品質管理の向上と見える化を実現

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)は、工事における検査記録作業の効率化と品質管理の向上を図るため、米Appleの「iPad® (アイパッド)」とデジタルカメラを連携させた「現場検査支援システム」を開発し、東京、大阪を中心に10現場で運用を開始しています。今後は、新規受注する工事案件を中心に全国展開を図ります。

これまで、工事の品質検査では、現場ごとにあらかじめ管理項目を設定した品質管理記録表をフォーマット用として作成し、施工状況を工事写真や検査結果とともに記録していました。また、品質管理記録表と工事写真の整合は工事事務所で行っており、工事量の多い場合などは非常に多くの手間と労力を費やしていました。
 

そこで、検査記録作業の効率化のため、iPadを用いた「現場検査支援システム」を開発しました。従来、現場ごとにフォーマットの作成から行っていた記録作業を、iPadを利用した電子データでの記録方法とすることで、工事事務所内での整理作業を省力化でき、業務効率を大幅に改善することができます。また、電子化によるペーパーレスに加え、品質管理状況を「見える化」することによりお客様へリアルタイムでの報告が可能となりました。

「現場検査支援システム」の主な特長は以下のとおりです。

  1. 新たな施工管理システムを実現

    品質管理記録表に検査結果を記録する従来の方法に対して、iPadを用いて検査結果を記録、管理します。
    あらかじめ図面と品質管理項目をiPadに登録します。そして検査時は、iPadに登録した図面上の任意の箇所にアイコンを作成し、事前に登録されている品質管理項目に従って検査結果を入力することで、効率的に検査記録を作成することができます。

  2. 工事写真管理の効率化を実現

    iPadとデジタルカメラを無線で連携する技術を採用しました。これにより、撮影した写真をその場でiPadに無線転送することができます。図面上の該当する位置や作成した検査記録を指定することで、図面や検査記録と写真との関連付けも容易に行えます。

  3. 品質管理情報の共有を実現

    工事事務所に設置したサーバーとデータ連携することで、システム利用者間で検査結果の情報(検査時の指摘事項やその是正状況など)を共有することができます。これにより検査および是正確認作業を複数のiPadで効率的に進めることが可能です。

  4. 立ち会い検査記録報告書の即時提出を実現

    現場で実施した諸官庁検査などの各種立ち会い検査における写真付きの検査記録報告書を、検査終了後短時間で整理し提出することができます。

大林組は、「現場検査支援システム」の全店展開と品質の向上を通じて、今後もお客様に満足していただける良質な建設物を提供していきます。

■システム概要

・撮影した工事写真をその場で瞬時にiPadに自動転送し、検査項目と関連付けすることができます。

・iPadで入力した情報とデジタルカメラで撮影した工事写真をパソコン上で編集し、帳票を自動作成することができます。

 

システム概要

・iPadにて検査結果を記録することができ、簡単に記録表を出力することができます。

      iPadにて検査結果を記録することができ、簡単に記録表を出力することができます。

※ Apple、iPad、iPod touchは、米Apple, Inc.の登録商標です。

 以上

 

この件に関するお問い合わせ先

大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014
 

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。