放射線環境下で産業用車両操縦者の被ばく量を半減

車載型の「放射線シールドシート」(座席)を開発

プレスリリース

三菱重工業株式会社
株式会社大林組
 

放射線環境下で産業用車両操縦者の被ばく量を半減

車載型の「放射線シールドシート」(座席)を開発

三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、社長:大宮英明)と株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)は、放射線環境下で産業用車両操縦者の被ばく量を抑制する「放射線シールドシート」を共同で開発しました。三菱重工が特殊車両の開発・製造で培った放射線遮蔽(しゃへい)技術と大林組の除染作業ノウハウを活かした車載型遮蔽シート(座席)で、車両に組み付けて鎧(よろい)のようにまとうことで放射線を遮蔽するものです。遮蔽率は50%を目標に開発しました。油圧ショベルなど重機を使った除染作業やがれき撤去、廃棄物運搬作業などの簡便な安全確保ツールとして、12月中旬に三菱重工から発売する計画です。

同シートは、東京電力株式会社福島第一原子力発電所の構内作業や周辺高線量地域での除染作業、環境省が検討する中間貯蔵施設や減容化施設における放射性廃棄物の運搬作業、その他原子力施設における過酷事故対策などを念頭に開発しました。同シートを導入することにより、放射線遮蔽機能を備えた産業用車両の新規調達や車両改造に必要なコストや手間が省けます。

同シートには遮蔽効果の高いタングステンを主に使い、肩・腕部、腹・足部、首部に分解できる構造としました。油圧ショベルやクローラーキャリア、クレーン車などさまざまな車両の既存の座席シートを取り外して組み付けます。総重量は約130kgですが、各パーツが20kg以下で、それらを同シートと一体構造とすることにより操縦者の重量負担を最小限に抑えます。操縦者は、遮蔽シート前面を左右に開閉することで、容易に乗り降りが可能です。また、各パーツは操縦者の体形に沿うように前後・上下の調整機能を備えます。こうした工夫により、高い遮蔽率を確保、かつ連続作業でも疲れを感じさせず、操作にも支障が出ないように配慮しました。

両社は今後、同シート発売に向け放射線環境下における実地の遮蔽効果実証試験も検討し、さらなる使い勝手の改善や、遮蔽率の向上などに取り組みます。製造は三菱重工が担当し、除染事業を行う建設業者や汚染廃棄物焼却施設の建設・保守などを手がける事業者、電力会社などに対する提案に力を注いでいきます。

三菱重工は2011年3月の東日本大震災発生直後から、放射線遮蔽キャビン付きフォークリフト納入や、東京電力が汚染水貯蔵のために静岡市から引き渡しを受けたメガフロートの改造工事、放射性廃スラッジタンク工事などで福島第一原子力発電所の事故対応に協力してきました。また、2011年7月には特殊車両事業部内に防災関連事業グループを設立し、防災関連機器の開発・拡販に注力しています。

大林組は、福島県内の4町を対象にした除染モデル事業に取り組み、その後も本格除染工事や、新たに焼却灰の放射能濃度低減を目的とした除染実証事業など幅広く手がけています。今後も、安心して暮らせる街を早期に取り戻すために、除染、減容、保管、街づくりといった観点で技術開発を進め、復旧・復興へ全力を挙げて取り組んでいきます。

両社は、放射線シールドシートの普及促進に共同で取り組むとともに、大震災被災地の早期復興に向けたさまざまな支援を継続していきます。

【参考】放射線シールドシート概要

 放射線シールドシート概要

※CGによるイメージ図であり実物とは異なります

 以上

 

この件に関するお問い合わせ先

三菱重工業 広報部 広報グループ
TEL 03-6716-2168
 

大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014
 

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。