シンガポールでの大型都市再開発プロジェクトを受注

オフィア・ロチャー複合施設

プレスリリース

シンガポールでの大型都市再開発プロジェクトを受注

オフィア・ロチャー複合施設

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)は、シンガポールにおける大型都市再開発プロジェクト「オフィア・ロチャー複合施設新築工事」を受注しました。

今回受注した工事は、マレーシア政府全額出資の投資法人であるカザナナショナル社が60%、シンガポール政府全額出資の投資法人であるテマセックホールディング社が40%を出資して設立されたM+S社による大型都市再開発プロジェクトです。

シンガポール中心部ブギス地区に位置し、地上50階、660戸の高級住宅棟に加え、5つ星ホテル、同国環境性能評価基準(Green Mark)の最高ランク(プラチナグレード)となるオフィス、商業施設からなる複合施設棟の2棟を新築するものです。

【工事概要】

工事名称 オフィア・ロチャー 複合施設新築工事
施工場所 シンガポール中心部ブギス地区
発注者 オフィア・ロチャー・レジデンシャル社
オフィア・ロチャー・ホテル社
オフィア・ロチャー・コマーシャル社
(M+S社が当プロジェクトのために上記3社を設立) 
意匠設計者 ブロ・オーレ・シェーレン社/ DPアーキテクツ社
構造設計者 BECA カーター・ホールディングス・アンド・ファーナー社
施工 大林組
工期 2013年8月~2016年12月(41ヵ月)
工事概要 延床面積: 約17万m²
敷地面積: 約2万7千m²
構造・階数: RC造およびS造、外装はアルミカーテンウォール
ホテル・事務所施設棟: 地下3階、地上39階
住宅施設棟: 地下3階、地上50階
 

大林組では、中期経営計画において海外への戦略的展開を推進しております。今後もシンガポールをはじめとしたアジア地域や北米、中東地域等において積極的に事業を展開していきます。

【完成予想図】

完成予想図

Designed by Ole Scheeren © Buro Ole Scheeren

以上

この件に関するお問い合わせ先

大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014
 

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。