大林組とNEC、ビッグデータ分析技術を活用してビルのエネルギー需要を予測する実証実験を共同実施

プレスリリース

株式会社大林組
日本電気株式会社
 

大林組とNEC、ビッグデータ分析技術を活用してビルのエネルギー需要を予測する実証実験を共同実施

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)と日本電気株式会社(以下NEC、本社:東京都港区、社長:遠藤信博)は、NECのビッグデータ分析技術である「異種混合学習技術(※1)」を活用して、ビルのエネルギー需要を予測する実証実験を共同で実施しました。

大林組はビル群のエネルギー管理のスマート化に向けて、最先端のエネルギー供給・制御技術の研究開発に取り組むとともに、自社施設を活用した実証に積極的に取り組んでいます。

一方、NECは世界トップクラスのビッグデータ分析技術を多数保有しており、同技術を活用した事業を推進しています。

このたび両社の技術・ノウハウを組み合わせて、ビルのエネルギー需要を予測するためのデータ分析方法を共同で検討し、本実験を実施しました。

実験では、大林組の技術研究所本館テクノステーション(東京都清瀬市)における、過去2年間の電力使用量、空調に用いた熱量(温水熱量/冷水熱量)、気象、営業日、日付、在籍者数などの各種データを基に、将来の電力使用量および熱量を予測しました。分析においては、ビッグデータに混在する多数の規則性を自動で発見する、NECの「異種混合学習技術」を活用しました。

実験の結果、技術研究所本館テクノステーションで収集した膨大なデータから「冬期営業日の昼間」、「夜間」、「祭日」などで異なる規則性を自動的に発見し、24時間後や1ヵ月後などの電力使用量・熱量を、人手による複雑なデータ分割作業を行うことなく予測できました。

このたびの結果を踏まえ大林組は、2014年11月の導入を予定している技術研究所内のすべてのビルを対象にしたエネルギースマート化プロジェクトにおいて、エネルギーマネジメントシステムの構成要素の一つとして、異種混合学習技術を活用したNECのエネルギー需要予測システムを採用する予定です。 今後も、大林組は、ビル群や街区・都市のスマート化に向けた技術の開発・実証により、エネルギーや環境に配慮し、快適で安全・安心な暮らしの実現に貢献してまいります。

また、NECは、異種混合学習技術を活用した顧客との実証実験を進めるとともに、同技術を用いたエネルギー需要予測ソリューションのメニュー化を予定しています。今後もNECは、ビッグデータ関連の分析技術やソリューションの継続強化により、顧客の新たな価値創造に貢献してまいります。

※1 異種混合学習技術
NECの中央研究所が開発した、ビッグデータに混在するデータ同士の関連性から、多数の規則性を自動で発見し、分析するデータに応じて参照する規則を自動で切り替える技術です。これにより、単一の規則性のみを発見し参照する従来の機械学習では分析が困難な、状況に応じて規則性が変化するデータでも、高精度な予測や異常検出が可能となります。
NECプレスリリース:http://jpn.nec.com/press/201206/20120622_02.html

以上

 

 

この件に関するお問い合わせ先
大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014

NEC 報道関係:コーポレートコミュニケーション部
TEL 03-3798-6511
E-mail:r-yamanashi@ct.jp.nec.com
NEC お客様窓口:第二製造業・自動車ソリューション事業部
TEL 03-3456-5095
 

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。