GOOD NATURE HOTEL KYOTOが世界初のWELL認証取得ホテルに

プレスリリース

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)が設計施工したGOOD NATURE HOTEL KYOTO(株式会社ビオスタイル(本社:京都市下京区、社長:三浦達也)が運営)がこのたび、環境や健康に配慮した建物が認定される「WELL Building Standard™(※1)(以下、WELL認証)」をゴールドランクで取得しました。ホテルでのWELL認証の取得は、本ホテルが世界で初めてです。

また、本ホテルは環境に配慮した優れた建築物を作るため先導的な取り組みを評価するグリーンビルディングの国際的な認証プログラム「LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)」においてもシルバーランクを取得しています。

2019年12月にオープンしたGOOD NATURE HOTEL KYOTOは、宿泊、美、食などの体験を通じて「GOOD NATURE」なライフスタイルを提案する京都・四条河原町の複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」の4~9階を占める、心と体の心地よさを追求した新発想のホテルです。

大林組は計画当初から本ホテルのコンセプトとWELL認証の親和性が高いと考え、認証取得を提案し、建物を設計施工しました。

本ホテルの独自性や取り組み姿勢において高く評価されたポイントは以下の5点です。

清潔で安心な空間

空気を清浄する適切な換気方式の導入、新型コロナウイルスをはじめとする病原体の伝播を防ぐ手洗い環境の整備やエントランス計画、空間を清潔に保つための除菌清掃の手順の規定など。

快適な入眠・起床を促す照明システム

スムーズな入眠・起床を促し睡眠の質を高めるため、就床前と起床前後の照明制御システムを全室に導入。

美しさとローカライズされたデザイン

客室を含むホテルの内部空間や中庭に地域環境に根差したデザインを施し、日本らしさ・京都らしさを表現。地域の景観条例にも準拠。

緑や自然を感じられる空間

屋内外から誰もがアクセスできる中庭に、テイカカズラの「大緑化壁」やWELL認証の要件である水景に代わる「枯山水」を設置し、京都市繁華街の中心にありながら緑や自然に囲まれて過ごせる空間を実現。

独自性の高いゲスト向けウェルネスプログラムの提供

「GOOD NATURE」に触れるホテルゲスト向け館内外体験ツアーの提供や、健康への意識付けを高めるオリジナルアメニティの設置など。

これらは、大林組がビオスタイルと、WELL認証の運営管理を行うIWBI(International WELL Building Institute, PBC)(※2)と共に、それまで評価対象ではなかったホテル版の評価基準を作り上げたことにより実現しました。

(撮影:株式会社 伸和)

WELL認証は日本でも取得をめざすプロジェクトが増えており、今後も増加が予想されます。大林組は、WELL認証を大林組技術研究所本館テクノステーションにおいて日本で初めて取得するなど、WELL認証取得の鍵となる、効率的な設備投資や維持管理手法、ならびに異なる法制度や文化的背景に基づく評価基準の導入ノウハウを蓄積しています。大林組はこれからも、施設利用者の心と身体の健康推進に役立つ価値ある建物を提供してまいります。

【建物概要】

建築主 京阪ホールディングス株式会社
用途 ホテル(4~9F)、商業施設(1~3F)、駐車場(別棟)
敷地面積 3,726m²
客室数 141
竣工 2019年11月
開業 2019年12月
設計・施工 大林組
  • ※1 WELL Building Standard™(WELL認証/WELL)
    世界で初めて建物利用者の健康・快適性に焦点を当てた米国発の建物・室内環境評価システム。2014年の運用開始以降、急速に普及拡大しており、62の国・地域で4500件超がエントリー、320件が認証取得している。日本では42件がエントリー、その内7件が認証を取得している(2020年8月6日現在)
    詳細は、一般社団法人グリーンビルディングジャパン(GBJ)のウェブサイトを参照ください。
    https://www.gbj.or.jp/well/about_well/
  • ※2 IWBI(International WELL Building Institute, PBC)
    WELL認証システムの運営管理、メンテナンス(評価基準の改訂・更新など)を行う公益企業

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 コーポレート・コミュニケーション室 広報課
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。