PFI事業の受注実績を更新しました

更新情報

PFI(Private Finance Initiative)は、公共施設などの建設・運営・維持管理に、民間の資金と技術・ノウハウを活用することで、より効率的で質の高い公共サービスを実現する手法です。

大林組は、わが国におけるPFI法の施行前から、シドニーオリンピックスタジアムシドニーM2高速道路など海外でのPFI事業でノウハウを蓄積してきました。そして、国内においては、2000年に国内初の大型PFI事業である「神奈川県立保健医療福祉大学(仮称)施設整備事業」を受注して以来、学校や病院、斎場など幅広く手がけ、この分野のリーディングカンパニーとしてPFI事業を推進しています。


 

<平成21年度>

稚内市生ごみ中間処理施設整備・運営事業

主催者:北海道稚内市
所在地:北海道稚内市新光町1789番地

生ごみの中間処理で埋め立て廃棄物を減量化し、バイオガスの回収で廃棄物を資源化する廃棄物中間処理施設を整備・運営する事業です。15年間にわたりバイオガスエネルギーを有効活用し、稚内市の循環型社会形成に貢献します。

稚内市生ごみ中間処理施設整備・運営事業

京都大学(桂)総合研究棟III(物理系)等施設整備事業

主催者:国立大学法人京都大学
所在地:京都市西京区京都大学桂

京都大学桂キャンパスで、工学研究科の物理系専攻群が共同使用する施設を整備します。レンタルラボ運営、附帯事業のカフェテリア運営を含め、約11年半にわたり維持管理を行います。

京都大学(桂)総合研究棟III(物理系)等施設整備事業