大林組技術研究所本館が日経ニューオフィス賞を受賞

働く人の創造性を最大限に引き出す研究施設

サステナビリティ

8月30日、第24回「日経ニューオフィス賞」の表彰式が行われ、大林組技術研究所本館テクノステーションが「ニューオフィス推進賞」に選ばれました。

 
日経ニューオフィス賞は、日本経済新聞社とニューオフィス推進協議会が主催するもので、「快適かつ機能的」なオフィスづくりの普及・促進を図ることを目的として、創意と工夫を凝らしたオフィスを表彰しています。
 
本館テクノステーションのオフィスコンセプトは、「研究員の交流で知的生産性の向上を図るワンルーム型ワークプレイス」、「自然エネルギーの利用や地震でも揺れないシステムなどの先端技術の活用」、そして、「研究成果を社内、社外に波及させるショーケースとしての役割」などです。今回は、吹き抜けによる立体的な空間構成が独創的で、知識創造に与える影響が期待できることなどが評価されました。
 
大林組は、快適で機能的なオフィスを提供することで、イノベーションを生み出す空間を創造し、豊かな未来の実現に貢献します。

日経ニューオフィス賞を受賞した大林組技術研究所本館テクノステーション

清瀬の地域景観と連続し、低く水平に広がる外観デザイン

異なる分野の研究員約200人が一堂に集結し、知識・知恵の交流を図るワンルーム型の執務室

異なる分野の研究員約200人が一堂に集結し、知識・知恵の交流を図るワンルーム型の執務室
 

芝生が鮮やかに映える1階のカフェテリアでは開放的なくつろぎの空間を演出します

芝生が鮮やかに映える1階のカフェテリアでは開放的なくつろぎの空間を演出します