マンションの外壁を垂直自走するロボット「スカイクライマー」を開発

外壁検査の自動化でマンション居住者に安心を

ソリューション/テクノロジー

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)は、マンションのバルコニー部を垂直自走して各種作業が可能なロボット「スカイクライマー」を開発しました。外壁検査システムを搭載することにより、マンションの外壁面の検査が可能となります。

2008年4月に施行された国土交通省告示第282号により、建物の外壁周りについても検査と報告が建物所有者(管理者)に義務付けられ、この検査と報告が必要な物件は年々増加する傾向にあります。しかしながら、これまでマンションの外壁検査では検査員が仮設ゴンドラでバルコニーに近づく必要があるため、居住者にとってセキュリティーとプライバシーに関する不安から、外壁検査への合意に消極的になりがちでした。

 
今回開発した「スカイクライマー」は、バルコニーの立ち上がり部をつかみ自らを上下にクライミングすることで、無人で安定して外壁面を垂直移動できます。高さは最大200mまで対応可能であると同時に、十分な安全機能が搭載されています。また、検査システムを搭載することで、マンションのバルコニー面の各種外壁検査が可能です。検査項目は、外装タイルの打診だけではなく、タイルやモルタル、塗装の浮きやひび割れ、金属部のさびの状態などを画像で検査できます。

 

外壁検査システムを搭載した「スカイクライマー」の主な特徴は以下のとおりです。

  1. 居住者に優しい外壁検査工法

    無人のロボットが各戸のバルコニー部にとどまって検査する時間は数分以内です。従来のように検査員が乗った仮設ゴンドラが長時間バルコニー面にとどまる必要がありません。そのため、居住者のセキュリティーやプライバシーの確保が確実になり、安心と日射や眺望などの住環境を維持することができます。

  2. 作業の安全性が向上

    検査員はゴンドラに乗る必要がなく、作業安全性が向上します。労働安全衛生法上、ゴンドラは平均風速10m/秒で作業を停止する必要がありますが、本システムは風速15m/秒で安全に垂直自走することを確認しています。また、あらゆるトラブルに対しても安全に停止できる各種の安全装置機能を採用しています。

  3. タイルの全面打診の検査にも対応した各種検査機能の搭載

    「スカイクライマー」は、検査報告が義務付けられている外壁タイルの全面打診検査が可能です。独自に開発した診断手法により、一枚一枚のタイルの接着状態を個別に判定することが可能です。また、検査ビデオカメラを搭載し、あらかじめ設定した手順で外壁の塗装部や金属部など、確認の必要な部位を撮影します。
    撮影されたデータは建物の立面図上に表示され、検査報告書の作成を簡易化するとともに、補修計画の際には有効な情報となります。

大林組は、外壁検査システムを搭載した「スカイクライマー」の実用化に向け、実物件で検査機能の検証を進めていきます。集合住宅の維持管理と長寿命化に必要不可欠な外壁検査の工法として、居住者に優しい外壁検査ロボット「スカイクライマー」の使用を積極的に提案していくとともに、補修技術を含め、お客様の多様なニーズに応えることができる自動化施工技術を追及していきます。

バルコニー面の外壁検査

バルコニー面の外壁検査

 

 

システム全体の構成

システム全体の構成

システム全体の構成

 

以上