文化庁メディア芸術祭受賞作品展にTHE OBAYASHI EXPERIENCE展示

国立新美術館で大林組120年の歩みをご覧いただけます

イベント情報

2月22日(水)から3月4日(日)まで、国立新美術館(東京・六本木)で「第15回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」が開催されています。

大林組のウェブ映像作品 ~ 時をつくる こころで創る ~ 「THE OBAYASHI EXPERIENCE」は、平成23年度[第15回]文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門審査委員会推薦作品に選定され、受賞作品展で展示されています。

文化庁メディア芸術祭 受賞作品展は、国内外から集まった2,714作品の中から選ばれたアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門の作品を紹介しています。各部門の大賞、優秀賞、新人賞の受賞作品や審査委員会推薦作品の約150点を展示する同展では、時代をリードするメディア芸術作品を体感できます。ぜひ会場に足をお運びください。

文化庁メディア芸術祭推薦作品にTHE OBAYASHI EXPERIENCEが選出(2011.12.27付)

第15回文化庁メディア芸術祭 特設サイト

「平成23年度[第15回]文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」 (PDF/主催者プレスリリース)

■第15回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

 期間  平成24年2月22日(水)~3月4日(日) ※2月28日(火) 休館

      10:00~18:00 ※金曜は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)

 会場  国立新美術館 1階 企画展示室1E(東京都港区六本木)

 入場料 無料
 主催  文化庁メディア芸術祭実行委員会

 ※開催概要の詳細は主催者特設ウェブサイトをご覧ください。

作品を見る

時をつくる こころで創る 「THE OBAYASHI EXPERIENCE」

大林組が創業120年を迎えるにあたり製作したウェブ映像作品です。大林組が社会や時代とともに歩んできた「道」を表現し、それぞれの時代で築いてきた竣工作品を通じて、120年という時の流れを皆さんが体験できるコンテンツです。建造物はいかなる必然性によって生まれたのか、現在そして未来へと続く道をたどりながら、その時代を彷彿(ほうふつ)させるインタラクションとサウンド、最先端のウェブ技術による映像を感覚的にお楽しみください。

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

THE OBAYASHI EXPERIENCE

■製作

株式会社大林組 CSR室

株式会社リナックスカフェ
 坂根秀和(プロジェクト統括)
 久島なおみ(テキスト編集)

株式会社ノングリッド
 小池博史(クリエイティブディレクター)
 足利建明(プロデューサー)
 西崇徳(アートディレクター、デザイナー)
 北村博朗(テクニカルディレクター、Flashエンジニア)
 中西輝雄(Flashエンジニア)
 小原竜太(プロジェクトマネージャー)
 高橋英明(aiding:サウンド)
 辻村和正(ビデオ) 

■コンテンツの推奨環境等

※より快適にご視聴いただくために、以下の環境での閲覧をおすすめいたします。
(音声もありますので、ぜひPCの音声をONにしてお楽しみください)

【Windowsの場合】
OS:XP、Vista、Windows7
Microsoft Internet Explorer 7以上

【Macintoshの場合】
OS10.4以上、Safari 4.0以上

【プラグイン】
Adobe Flash Player10以上

※すべてのOSで最新のソフトウェア・アップデートを適用していただければと思います。
※推奨ブラウザでご利用いただいた場合でも動作を保証するものではありません。
お使いのパソコン固有の問題等(メモリ、ご使用環境、ネットワークなど)によっては、正常にご視聴いただけない場合もありますのでご了承ください。