技術研究所の雑木林でキンランの観察会を実施

生態系の保全を清瀬の自然保護団体と共に取り組んでいます

サステナビリティ

大林組技術研究所の雑木林でキンランの観察会を実施しました

大林組は、技術研究所(東京都清瀬市)の敷地内に、「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」に認定された約1.8ヘクタールの雑木林を保有しています。林内には国内絶滅危惧種のキンランやギンラン、ササバギンランなどが多数生育しており、1998(平成10)年から分布状況を調査するとともに、雑木林とキンランを保全するためのモニタリングや研究を続けてきました。

キンランの開花期に合わせた5月8日に、「清瀬の自然を守る会」や「川づくり・清瀬の会」と共にキンラン観察会を実施しました。清瀬市は武蔵野の面影が残る自然豊かな地域で、地元の皆さんは自然環境に高い関心を寄せています。今回は約70名の方が参加し、大林組の研究員の案内のもと、生育状況を熱心に観察していました。

大林組は、今後も地域の皆さんと連携しながら雑木林やキンランの保全に努めるとともに、長期のモニタリングで培った植物の保全技術を工事現場などで活用し、生物多様性の保全に貢献してまいります。

カルガモ

雑木林の中にある「はぐくむビオトープ」では、毎年飛来するカルガモも見られました。参加者からは「継続して自然保護に取り組んでほしい」などの感想が寄せられました

キンラン観察会

技術研究所の雑木林でキンランが美しい花を咲かせるのは毎年5月上旬の10日間ほど。人工栽培は難しいので、開花を見られる貴重な機会です

生物多様性の保全をテーマにしたWebコンテンツ

つながる生きもの 野生のラン

生きものと人との関係によって、生態系を里山、奥山、街、水辺、海の5つのエリアに分けており、キンランは里山の生きものの一つとして紹介しています

つながる生きもの
~知ろう、学ぼう、みんなの生物多様性~

建設事業を通じて自然環境と密接に関わっている大林組では、さまざまな活動で生態系の保全・再生・創造に取り組んでいます。
Webコンテンツ「つながる生きもの」では、大林組の活動内容を紹介するとともに、多様な生きものが地球という大きな生態系の中でつながり、豊かな恵みを享受し合いながら生きていることを、イラストなどで分かりやすく伝えています