地中構造物の耐震補強工法

マルチプルナットバー®

定着具付きPC鋼棒により、地中RC構造物を内側から耐震補強

既存の海水取放水設備や配管ピットなど地中構造物の壁や底版、頂版などに内側から孔をあけ、高強度のせん断補強筋を差し込んで、耐震性を高める工法です。せん断補強筋には、両端部に独自の機械定着具を設けたPC鋼棒「マルチプルナットバー」を使用し、地下構造物の外周にある地盤を改良することなく、短期間・低コストで耐震補強できます。

マルチプルナットバー工法

1 工期を最大40%短縮できます
  • 補強が必要な壁だけを内側から削孔(さっこう)し、せん断補強筋によって補うので、地盤改良による補強に比べて工期を最大40%短縮できます。
  • 高強度のせん断補強筋を使用するため、従来の鉄筋を使用した場合に比べて削孔本数が最大40%少なくなります。
  • マルチプルナットバーは2個の小型定着体により削孔径を抑制できます。
2 補強コストを約30%縮減できます
  • 地盤改良による補強に比べてコストを大幅に縮減できます。
  • 削孔本数が最大40%少ないので、コストも約30%縮減できます。
3 公的機関からも認定された品質です
  • 公的な建設技術審査機関である一般財団法人土木研究センターから建設技術審査証明を受けました。

【実績・適用例】

  • 発電所、化学プラント内既存取放水施設などの耐震補強
  • 鉄道、上下水道など

マルチプルナットバーの技術資料

※現在、見積業務は辞退しております

検索