覆工コンクリートを連続打設

ホース伸縮式連続打設システム

覆工作業の品質向上・省力化を実現します

ホース伸縮式連続打設システムとは?

従来の覆工コンクリート打設作業では、限られた打設口からコンクリートを流し込む山岳トンネル特有の打設方法を採っていたため、筒先からの落下高が大きくなることがあり、品質が低下するリスクがありました。

また、打ち上がりの高さに合わせて、狭あいな施工空間で重量物である鋼製配管を作業員が切り替えて打設するため、配管の切り替え作業や清掃作業に時間と労力がかかっていました。そのため作業が遅延し、所定の時間内に打ち重ねが終わらない場合は、コールドジョイント(※1)が発生していました。

ホース伸縮式連続打設システムは、覆工コンクリートの打設時に、左右1列に配置したホースをコンクリートの打ち上がりの高さに合わせて自動で引き上げることで、鋼製配管の切り替え作業をせずに連続してコンクリート打設が可能になります。

  • ※1 コールドジョイント
    コンクリートを打ち重ねる際に、上に重ねる層の打設までに時間がかかってしまい、先に打設したコンクリートがある程度硬化し、上の層のコンクリートと一体化しない状態のこと。上下層の境界に付着の弱い部分ができてしまい、強度が低下したり、漏水の原因となったりする
ホース伸縮連続打設システム全景

お客様のメリット

覆工コンクリートの品質が向上します

  • 打ち上がりの高さに応じてホースを引き上げることで、最小限の落下高での打ち込みが可能となり、コンクリートの材料分離(※2)や余剰空気を巻き込むなどコンクリートの品質を低下させることなく、高品質なコンクリートを打設できます。
  • 配管の切り替えのない連続打設を行うことで、コールドジョイントが発生するリスクを低減することができ、覆工コンクリートの品質が向上します。
  • ※2 材料分離
    コンクリートの基本材料は、セメント、細骨材(砂)、粗骨材(砂利)、水で構成される。材料分離とは、硬化前のフレッシュなコンクリートの構成材料の分布が不均一となる現象で、高いところからコンクリートを落下させると材料分離が起こりやすい。本システムでは、中流動コンクリートと同等以上の材料分離抵抗性・圧送性の性状を有するコンクリートを対象としている
(左)従来工法、(右)ホース伸縮式連続打設システム

作業員の苦渋作業をなくし、安全性も向上します

  • 狭あいな作業空間において、重量物である配管切り替え作業をなくすことで、苦渋作業から作業員を解放し、事故のリスクを低減します。また、配管切り替え要員が不要となることで省力化となり、人員の削減も可能となりました。
  • 現場での検証において、覆工コンクリートの品質向上を実現するとともに、打設作業に要していた人員を削減できることを確認しました。
覆工コンクリート打設状況

【実績・適用例】

  • 米子自動車道 江府トンネル 他1トンネル工事

【その他】

  • NETIS登録番号:KT-200106-A

ページトップへ

検索