革新の時代

2002年(平成14年)

電通本社ビル

電通本社ビル

この年

わが国の代表的な近代建築物として親しまれてきた「丸ビル」は、1923年に米国フラー社の手によって竣工。同年に起きた関東大震災で被害を受け、大林組が復旧工事を施工した。歌謡曲や小説にも登場し多くの人に親しまれた丸ビルだが、1995年、耐震性能の低下などから建て替えが決まり、大林組の施工で東京の新しい顔として生まれ変わった。地下4階、地上37階建てのビル低層部には旧丸ビルのイメージを残し、24万人が働く国際的なビジネス街にふさわしいたたずまいを見せている。

Photo

  • 電通本社ビル
  • 丸の内ビルディング
  • 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

2002年の大林組

1月
エルピーダメモリ広島工場竣工
3月
ラグーナ蒲郡ラグナシア竣工
4月
キヤノン本社ビル竣工
8月
上ノ国ダム竣工
8月
丸の内ビルディング竣工
9月
オアシス21竣工
9月
第二名神高速道路川越高架橋竣工
10月
電通本社ビル竣工
12月
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館竣工

社会の出来事

1月
欧州連合の単一通貨「ユーロ」の流通がスタート
5月
サッカー日韓W杯に日本中が沸く
8月
住民基本台帳ネットワーク稼動
9月
丸ビルがリニューアルオープン
12月
ノーベル物理学賞に小柴昌俊、化学賞に田中耕一
「千と千尋の神隠し」ベルリン国際映画祭・金熊賞

建設業界の動き

4月
国交省「建設市場の変化に対応した建設産業の再編に向けて」を発表
5月
建設リサイクル法施行
12月
国交省、建設業の再生に向けた基本方針を発表