電子地図情報を利用した風環境予測ソフトウエア「Zephyrus」を販売

プレスリリース

pointer 電子地図情報を利用した風環境予測ソフトウエア「Zephyrus」を販売
  大林組は、同社が開発した風環境予測ソフトウエア「Zephyrus(ゼフィルス)」を、(株)CSK (本社:東京都新宿区、社長:青園雅紘) を通して、日本国内で販売することとなりました。
同ソフトウエアは、計画建物がビル風によって周辺市街地の風環境に及ぼす影響を、一般の設計者でも予測できるように、という目的で開発されました。計画建物や周辺建物のモデル化から流体計算、風環境の評価まで、パソコン上で一貫して作業できます。
大林組では昨年5月の発表以来、社内利用を通して同ソフトウエアの改良を重ねてきました。特に、最近各社で販売が開始された、三次元市街地データや詳細な標高データへの対応を進めてきました。そしてこの度、CSKと同ソフトの販売に関する合意に至り、CSKより販売することとなりました。
「Zephyrus」は、CSKがお客様のニーズを伺い、最適なパソコンを選定し、インストール・環境設定および動作確認等の作業を行った上で出荷されるため、お客様が、特に面倒な作業をすることなく、すぐご利用になれます。あるいは、無償配布致します「お試し版Zephyrus」を用いて、お客様自身で動作検証をされた場合は、「Zephyrus」単体での販売も致します。またCSKでは「Zephyrus」を利用する上で必要となる電子地図情報の販売など、お客様の要請に応じた対応を行うことになります。

販売価格は以下の通り

◇製品価格
120万円(ソフトウエア永久使用料ならびに同保守料。パソコン本体の価格と保守料は別)

◇気象データ
3万円(気象官署の最新の5年間の観測結果に基づくデータ、毎年更新、購入後2年間は無償で更新)

◇ソフトウエア保守範囲
・操作方法に関するE-mailによる問い合わせ
・購入後2年間の無償バージョンアップ

◇動作環境
Intel(もしくはその互換)CPUで、かつOpenGLが完全に動作するグラフィックスボードを搭載し、Windows NT4.0 Service Pack3以降が動作するパソコン(原則として、CSKでプリインストールしたパソコンでお使い頂くか、お客様が「お試し版Zephyrus」により動作環境確認を頂いたパソコンをお使い下さい。)

◇ソフトウエア保守対象外
・インストールや動作確認などの出張支援は実費を請求
・解析支援や技術コンサルタント業務は別途費用が発生

◇対応済み電子地図情報
・ゼンリン住宅地図(MapInfo社製GISソフトウエアMapInfo用住宅地図)
・パスコ3D住宅形状データ((株)パスコ製3次元住宅形状データ)
・国土地理院標高データ (50mメッシュ)
・北海道地図GISMAP(北海道地図(株) 製10mメッシュ標高)
・パスコDTM((株)パスコ製5mメッシュ標高)

◇対応予定電子地図情報
・3D Virtual Map((株)東京都データシステムズ製3次元住宅形状データ)
・RAMSE City(国際航業(株)製3次元住宅形状データ)
・RAMSEサーフェース(国際航業(株)製2mメッシュ標高データ)

また大林組では、「Zephyrus」を購入していただいたお客様に対して、購入後2年間、以下のような、風環境予測に関する技術コンサルタントを行います

コンサルタント契約1
ユーザーの解析に対する技術支援
1物件1ケースあたり20万円から。標準的な業務である1)建設前、2)建設後、3)対策実施後の3ケースの場合には60万円から。

コンサルタント契約2
解析と報告書作成
1物件1ケースあたり50万円から。1)建設前、2)建設後、3)対策実施後の3ケースの場合には110万円から。

コンサルタント契約3
解析と報告書作成(購入後3年目以降、もしくは未購入者)
1物件1ケースあたり100万円から。1)建設前、2)建設後、3)対策実施後の3ケースの場合には200万円から。

各価格は、解析の規模によって変わります。また、コンサルタント契約2と3では、地図データをお客様でご用意いただくか、もしくは別途購入費用が必要となります。
現地調査やお客様の元に伺って打ち合わせを行う場合の費用、また、役所への説明や近隣説明会等への出席に関する費用も別途とさせていただきます。


以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
TEL 03-5769-1014

(株)CSK 産業システム営業本部流通システム営業部第1営業課
TEL 03-6438-3355