既設地下構造物の漏水対策に新技術~ 「アクアカットTM」外防水膜形成工法を開発 ~

プレスリリース

pointer 既設地下構造物の漏水対策に新技術
~ 「アクアカットTM」外防水膜形成工法を開発 ~
  株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石 達),太平洋マテリアル株式会社(本社:東京都中央区、社長:安西 幸男),株式会社大阪防水建設社(本社:大阪府大阪市、社長:岩田 功)は、既設地下構造物の漏水対策として、「アクアカット」外防水膜形成工法を共同開発しました。

「アクアカット」外防水膜形成工法は、地下壁内側から構造物と外周地盤との境界に、無機系材料をゲル化させながら低圧注入し、地下壁背面に防水膜を形成する工法です。
従来、既設地下構造物の漏水対策として実施されてきた注入補修工法は、狭いひび割れに補修材を高圧で注入するため、ひび割れ幅の拡張、未補修部のひび割れからの漏水、また有機系補修材の劣化による再漏水等の課題がありました。

これらの課題を解決する「アクアカット」外防水膜形成工法の特長は以下のとおりです。
  1. 漏水量が従来より減少するため、排水処理コストも低減されます。
  2. 低圧注入により、既設地下構造物への影響を最小限に抑えます。また、超微粒子セメントなどの無機系材料を用いることにより、施工後の材料劣化を防ぎます。
  3. 防水膜は厚さが薄く広範囲に拡がるため、従来の注入工法に比較して、少ない材料で最大の効果が期待できます。また、設備も小規模となり施工時の制約もほとんどありません。
(株)大林組、太平洋マテリアル(株)、(株)大阪防水建設社は、既設地下構造物の地下漏水問題を抱える事業者を対象に、「アクアカット」外防水膜形成工法を広く展開していきます。


 
以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室 企画・報道・IRグループ
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014