岩佐明香選手(スキー・ジャンプ)の採用のお知らせ

サステナビリティ

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)は、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援制度「アスナビ」を活用して、スキー・ジャンプの岩佐明香(いわさ・はるか)選手を採用しました。

                

写真提供:sora色ジャンプ

「アスナビ」は、JOCが企業への就職を通じてトップアスリートが安心して競技に取り組める環境を整えることを支援する制度です。大林組は以前から、企業が担うべき社会的役割の一つとしてスポーツ活動への支援を行っており、2012年には本制度を活用してスノーボード・アルペンの家根谷依里(やねたに・えり)選手を採用しています。このたび、次代を担うアスリートの中から2人目の候補を検討し、岩佐選手を支援することとしました。

岩佐選手は、国内外の大会で優勝を重ねるなど成長著しく、全日本女子ジャンプチームの強化指定選手に選抜されています。

大林組は、心技体を伴った強い競技力で世界を舞台に挑戦し続ける岩佐選手への応援を通じて、社員の一体感の醸成、士気の向上を期待するとともに、スキー・ジャンプ競技のさらなる発展に寄与していきます。

岩佐明香(いわさ・はるか)選手のプロフィール

生年月日 1996年4月12日生まれ
出身地 北海道札幌市
主な戦歴 2017年 第28回ユニバーシアード冬季競技大会 個人 金メダル
2017年 第58回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会 優勝
2017年 第48回名寄ピヤシリジャンプ大会 優勝
2018年 第30回UHB杯ジャンプ大会 優勝
2019年 第60回雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会 優勝
2019年 第90回宮様スキー大会国際競技会 ノーマルヒル 2位、ラージヒル 2位
入社年月日 2019年4月1日

岩佐選手のコメント

このたび、日本オリンピック委員会の「アスナビ」を通じて、大林組に入社することとなりました。

9歳から14年間続けてきたスキー・ジャンプ競技に、これから社会人として挑戦できる環境をいただき、本当に感謝しております。

新しい環境でたくさんの方と出会い、競技力と人間力、ともに向上することができるよう、日々全力で挑戦していきます。そして、小さい頃からの夢である、オリンピック金メダル獲得、ワールドカップ総合優勝を達成し、大林組社員の皆さんと喜びを分かち合うことができるよう精進してまいります。

news20190405_1_02.jpg

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 コーポレート・コミュニケーション室 広報第一課
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。