簡単測量アプリ「スマホdeサーベイ®」の新バージョンを開発しました

AR(拡張現実)で日常測量を省力化・スピード化

プレスリリース

株式会社大林組
株式会社エム・ソフト


株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)と株式会社エム・ソフト(本社:東京都台東区、社長:飯田昌宏)は、大林組が2018年に開発した地形と土量を簡単に測量できるアプリ「スマホdeサーベイ」のAR版を新たに開発しました。従来版では専用のスマートフォンが必要でしたが、AR版では施工現場で広く普及しているiPhoneやiPad(以下、iPhoneなど)(※1)での利用が可能となり、利便性が向上しました。2019年10月中旬に、エム・ソフトから一般向けに販売を開始する予定です。

一般的な土木・建築工事では地形や土量を把握するための測量業務が日常的に生じます。通常の測量では、トータルステーション(※2)や巻き尺などを利用しますが、これらの方法では測量結果をパソコンなどで計算する必要があることや、計測者が2人必要なことから、測量業務を省力化できるツールが求められていました。

従来版のスマホdeサーベイでは、スマートフォンに搭載された赤外線深度センサー(※3)により、三次元の点群データとして対象物を捉えていました。

トータルステーションによる測量

今回新たに開発したスマホdeサーベイAR版では、iPhoneなどに搭載されているAR機能を用いて対象物を認識させます。画面上で測量範囲を指定するだけで地形や土量を把握できることから、トータルステーションや巻き尺を使う場合に比べ測量時間を短縮するとともに、測量業務を大幅に省力化します。

スマホdeサーベイAR版による測量風景と断面測量結果

スマホdeサーベイAR版の特長は以下のとおりです。

1人で簡単に地形を測量

トータルステーションを用いた従来の地形断面測量では、トータルステーションを操作する側とプリズムを持つ側の2人の計測者が、断面図の作成に必要な座標データを取得していました。スマホdeサーベイAR版では、1人の計測者が画面上で地形の変化点ごとに仮想ポールを立てながら歩くだけで、ポール同士が線で結ばれ、その位置での断面図が作成されます。断面図は画像データとして保存されるため、メールで関係者に送付することもできます。

盛土量や掘削土量を即座に算出

従来のトータルステーションによる測量では、測量結果をパソコンで図化し、計算することで土量を算出していました。スマホdeサーベイAR版では、画面上に8点(上面4点、下面4点)の仮想ポールを立てて測量範囲を指定することで、その場で最大1,000m²の範囲の土量を計測できます。自動で土量が計算されるため、測量から土量算出までに要する時間を、従来の方法と比較して90%以上短縮できます。高精度で計測できるレーザースキャナーとの精度比較実験では、誤差3~5%であることを確認しました。

また、計測結果と写真を合成することで、計測箇所を一目で把握することも可能です。

スマホdeサーベイAR版による土量計測結果
写真と合成した土量計測結果

今後はスマホdeサーベイAR版を大林組の社内標準アプリとして土木・建築工事に導入し、測量業務の省力化・効率化を図っていきます。また、大林組とエム・ソフトは、本アプリを一般向けに販売し、普及させることで、建設業界全体の生産性向上をめざします。

  • ※1 iPhoneやiPad
    iPhone 6s以降またはiPad第5世代以降の端末で利用可能。対応OSはiOS 12.0以降
    (iPhone、iPadは、Apple Inc.の商標です)

  • ※2 トータルステーション
    位置座標の測量機器。トータルステーションから視準点(プリズム)までの距離と角度を測ることで、視準点の位置座標を導き出す

  • ※3 赤外線深度センサー
    赤外線が対象物に到達するまでの時間を計測することで、対象物までの距離を計測するセンサー

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 コーポレート・コミュニケーション室広報第一課
TEL 03-5769-1014

エム・ソフト サービス事業推進室
TEL 03-5812-4440

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。