丸紅アークログとBIMオブジェクト拡充に関するアライアンスを締結しました

強固なプラットフォームによりBIM活用を加速

プレスリリース

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)は、BIMオブジェクト(※1)総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」を運営する丸紅アークログ株式会社(本社:東京都港区、社長:三川亮)とBIMオブジェクト拡充とプラットフォーム活用のためのアライアンスを締結しました。

Arch-Logオブジェクト検索画面(提供:丸紅アークログ)

BIMの活用においては、BIMオブジェクトの整備が急務であり、特に設計から施工までBIMを一貫して利用するには、モデルの詳細度に応じた適切なBIMオブジェクトの拡充がプロジェクト進行の鍵になります。大林組では、建築、構造、設備などのデータがすべて統合されたモデルを活用することをめざし、さまざまな用途のBIMオブジェクトを整備してきました。しかしながら、今後、BIMが設計者や施工者だけでなく建材メーカーや什器メーカーなどでも利用され、活用領域が拡大していく中、大林組一社だけで整備するには限界があり、増大するBIMオブジェクトを集約、管理するプラットフォームを構築することが課題となっていました。

Arch-LOGでは大林組で作成したBIMオブジェクトや、一般的な建築部材、建材メーカーが作成しているオブジェクトや各素材のカタログデータだけでなく、衛生陶器や厨房機器、医療機器などのオブジェクトデータも同一のプラットフォームに格納されています。BIMアプリケーションとダイレクトに連携するため、オブジェクトの検索やBIMに取り込む手間、さらには素材選択からサンプル依頼、マテリアルボードの作成に至るまで省力化が図れます。また、高精細なレンダリング機能(※2)を活用することで、関係者間の意思決定の迅速化を実現します。

アライアンスのイメージ

大林組は、こうしたメリットを最大限活用していくため、まずは設計部門全体でArch-LOGを利用することでBIMオブジェクトの整備に協力し、プラットフォームの充実に合わせて施工部門も含めた全社への展開を図っていきます。また、多くの設計事務所や建設会社、建材メーカーがBIMオブジェクトの整備に参加していくことで、より強固なプラットフォームが構築されることに期待しています。

今後は、本アライアンスによる取り組みを通して、建物のモデル化を促進させ、デジタルトランスフォーメーション(※3)を積極的に進めていきます 。

BIMと連動したレンダリングイメージ(提供:丸紅アークログ)
マテリアルボード作成イメージ(提供:丸紅アークログ)
  • ※1 BIMオブジェクト
    柱、壁、床などの建築部品から照明機器や家具など、BIMモデルを構成する部品

  • ※2 レンダリング機能
    3Dモデルの情報と割り当てられた素材や光源などの情報からコンピュータが計算し、パース(透視図)を作成する機能

  • ※3 デジタルトランスフォーメーション
    建築物と同じ状況をコンピュータの仮想空間上に創り出すこと。仮想空間上のモデルを活用することで、実際に建物に起こることが事前に予測できるなど、建物所有者や利用者に多くのメリットを提供することが可能になる

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 コーポレート・コミュニケーション室広報第一課
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。