重量物運搬ドローンの建設現場での実用化に向けた検証をスカイドライブ社と実施

プレスリリース

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)は、建設現場での重量物運搬におけるドローンの活用に向けて、株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区、代表取締役:福澤知浩)が開発している「カーゴドローン」を活用した実証実験を同社と共同実施しました。

飛行時の様子

建設現場では、少子高齢化に伴う建設作業員の高齢化および減少を見据えた対応が課題となっています。大林組は、作業員の単純な力作業を軽減し、技能や習熟を必要とする作業に集中できるように、AGV(※1)などを活用した資材搬送作業の自動化を進めています。しかし、土木現場は山間部や急傾斜地に立地することが多く、陸送による資材搬送作業の自動化は困難でした。また、そのような地形で資材を人が搬送する場合には事故災害が発生するリスクも生じます。

今回、「空飛ぶクルマ」の開発を進めているSkyDriveが、航空機開発のプロセスで培った技術を活用して重量物運搬に特化した産業用ドローン「カーゴドローン」を開発していることを受け、作業員の負担軽減や労働力不足への対応、危険回避といった課題を解決するために、高い安全性を有するカーゴドローンを活用した資材運搬の実証実験を共同実施しました。

実験の様子は動画でご覧いただけます(提供:SkyDrive)

実証実験の概要は以下のとおりです。

実験概要

場所 知の拠点あいち(愛知県豊田市八草町)
実験内容 土木現場での利用を想定した、さまざまな建設資材(土のう、木杭、ブルーシートなど)の自動搬送

実験に使用した「カーゴドローン」の基本仕様

全長 1.3m×全幅1.7m×全高1.0m
推奨ペイロード 30kg
飛行速度 40km/h
飛行可能距離 3km(最大積載時)
飛行時間 15分
運搬方法 機体固定式ボックス・着陸せず荷物を昇降するウインチ機構
今回使用した重量物運搬ドローン
搬送資材

今回の実験では、目視の範囲内でのカーゴドローンによる自律飛行により、30kg程度の各種建設資材を安定して運搬できることを確認しました。今後、両社は実際の建設現場において実証実験を重ね、建設現場に適した機体の開発および効果的な活用方法を検討していきます。

大林組は産業用ドローンの活用などによる建設現場の自動化を進め、作業員の作業負担の軽減や危険回避といった働き方改革や労働環境の改善に努めていきます。

  • ※1 AGV(Automated Guided Vehicle)
    人間の運転操作がなくても自動で走行できる運搬車

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 コーポレート・コミュニケーション室 広報第一課
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。