「エネ蔵2010 ~エネルギーソリューション&蓄熱フェア~」に出展します

イベント情報

5月26日(水)から3日間、インテックス大阪で「エネ蔵2010 ~エネルギーソリューション&蓄熱フェア~」が開催されます。持続可能な低炭素社会の実現に向け、環境性・経済性に優れた「ヒートポンプ・蓄熱システム」をはじめ、環境と経済の両立を可能にするさまざまな情報を発信する展示会です。
 

大林組のブースでは、今秋の完成に向けて新築中の「大林組技術研究所 新本館」を紹介し、ICタグで制御する「パーソナル空調システム」の実機展示など、CO2排出量を55%削減する最先端の技術を紹介します。 また、東京駅八重洲地下街の省エネリニューアルでCO2排出量を削減した事例も映像やパネルで紹介します。「新築」と「リニューアル」の省エネソリューションをお客様のニーズに合わせて提案しますので、皆様のご来場をお待ちしております。

パーソナル空調システム

ICタグで個人用の照明・空調を制御し、無駄なエネルギーを削減します。




「人がいる時だけスイッチON!」で、省エネルギー技術を動画で紹介しています。  
      

■エネ蔵2010  ~エネルギーソリューション&蓄熱フェア~

期間  平成22年5月26日(水)~28日(金) 10:00~17:30
会場  インテックス大阪2号館
主催  蓄熱フェア実行委員会 
           (関西電力、日本電気協会 関西電気協会、建築電力懇話会、 ヒートポンプ・蓄熱センター)
詳細は主催者ホームページをご覧ください。