平成24年度土木学会賞を受賞しました

サステナビリティ

土木学会は、土木工学の進歩や土木技術者の資質向上を図り、より良い社会基盤を整備して社会の発展に寄与するため、さまざまな活動を展開しています。

1920(大正9)年に創設された土木学会賞は、国内外の優れた土木事業や新技術、さらには土木工学、土木事業に多大な貢献のあった方々を表彰するものです。

このたび、平成24年度の土木学会賞が発表され、6月14日、土木学会定時総会において表彰式が行われました。大林組は、技術賞や環境賞をはじめ、多くの分野で表彰されました。

平成24年度土木学会賞の表彰式

阪神三宮駅

阪神三宮駅 一日約10万人が利用する駅で運行ダイヤを乱すことなく完成させたことを評価

なんばパークス

なんばパークス 南海電気鉄道と共に生物や熱環境の調査を実施。地域環境向上への評価

斜め土留め工法

斜め土留め工法 土留め壁を傾斜して構築するため支保工が不要となり、工事の急速施工に貢献すると評価

【平成24年度土木学会賞 主な受賞】
  • 技術賞
    1万トンの供用中トンネルの撤去を伴う
    都市部国道直下での地下ターミナル駅の改良
    ― 前例のない駅改良技術の結集 ―
    (阪神三宮駅)
  • 環境賞
    都市内における生態系に配慮した大規模緑地空間の創造
    (なんばパークス)
  • 技術開発賞
    斜め土留め工法の開発
  • 国際活動奨励賞
    萩原正雄(大林組 サイゴントンネル工事事務所所長)
  • 技術功労賞
    五嶋博己(大林組 名古屋支店 土木工事部副部長)

大林組は、安全・安心に暮らせる社会基盤の整備をめざし、今後も土木事業における基礎から応用分野まで、さまざまな技術の開発に努めてまいります。