コンクリート構造物を自由な形状で高精度に施工する工法

スリップフォーム工法

型枠を押し上げ上昇させながら連続的にコンクリートを打設します

project23_lng.gif

スリップフォーム装置の仕組み

コンクリートの型枠(FORM)をジャッキで押し上げ、滑らせて(SLIP)上昇させながら、連続的にコンクリートを打設し躯体を構築していく工法で、煙突やタワー、石炭サイロなどのRC塔状構造物の施工に適用しています。

高さ、平面形状、壁厚などを自由に変更でき、コンクリート構造物を短期間にローコストで精度高く施工できます。 施工中の各操作やあらゆる情報の計測・管理も行うことができ、1,000mの高さのタワーも建設できます。

高品質のコンクリート構造物が実現するメリットと施工精度の良さから、国内外を問わず多くの実績があります。

 

 

1 工期を大幅に短縮します
  • 一日の施工上昇速度は2m~8m(気象条件、セメントの質、鉄筋量などによって異なる)と、在来工法に比べ飛躍的なスピードとなります。例えば、高さ200mの煙突を施工する場合では約40日で完了となるなど、大幅な工期短縮が可能です。
2 工事費を削減します
  • 施工速度の大幅アップによる工期の短縮や、手作業を削減し自動的に施工をコントロールできる装置が、労務費、管理費、各種機材費などを低減します。
3 高品質の構造物を建設します
  • 各種センサーを駆使した自動計測・制御により、高精度で打ち継ぎがない、高品質のコンクリート構造物を建設できます。
4 万全の安全体制のもと施工します
  • すべての作業は、工法装置と共に上昇する安全な作業床上で行われます。物の落下を防ぐために、工法装置には外部全周や内部全面に落下防止の設備がなされ万全の安全体制をとっています。
大阪ガス泉北製造所第一工場5号LNGタンク

大阪ガス泉北製造所第一工場5号LNGタンク

そのほか、東京スカイツリー®の心柱やチャンギ国際空港管制塔(シンガポール)など、さまざまなRC造塔状構造物に適用されています。

 

【特許】
  • 特許2005-03752934 スリップフォーム装置を用いた環状コンクリート躯体の構築方法
  • 特許2007-03941218 スリップフォーム工法における落下防止装置
  • 特許2003-03412505 スリップフォーム工法
  • 特許2007-03978869 鉄筋保持用金物
  • 特許2003-03425353 滑動型枠装置の型枠材

 

 

 

検索