急速杭打ち工法

ラピッツ-O工法®

鉄道の営業を妨げることなく、線路上空から昼夜連続で杭打設できます

駅のホームや線路の直上に人工地盤や高架橋などを構築する際に、基礎杭を短期間で施工する工法です。線路上空に張り出すように設置した作業ステージ(移動可能なポータブルステージ)から小型軽量の掘削機で施工するので、列車の運行を妨げることなく、昼夜連続で工事を行うことができます。
 

ラピッツ-O工法
 

1 工期を大幅に短縮できます
  • 従来の作業は電車が運行しない深夜の時間帯に限られていましたが、ラピッツ-O工法であれば昼夜連続で基礎杭を施工できるので、工期を大幅に短縮できます。
2 経済的な効果があります
  • 工期の短縮により、新規事業や各種サービスなどの営業を早期に開始できます。
3 駅利用者の安全性・快適性を確保します
  • 主な施工ヤードをホーム等の旅客利用空間と隔離することで、駅利用者の安全性と快適性を確保します。
4 人工地盤の構築計画の自由度が広がります
  • 線路間の狭い部分やホーム上での施工にも対応可能です。
  • 構築する人工地盤は線路に対して平行・直角いずれの方向にも延伸できます。

検索