環境負荷低減コンクリート

海水練り・海砂コンクリート

地産・地消型の高品質コンクリートで環境負荷を低減します

海水由来の岩塩層(米国で核廃棄物隔離試験施設に利用)の緻密性に着眼し、練り混ぜ水に海水を、細骨材に未洗浄の海砂を使用することで、練り混ぜ水に上水を用いた場合に比べ、高品質、高機能なコンクリートを実現する技術です。運搬や除塩工程削減による環境負荷低減、材料の地産・地消による建設コスト低減などに大きく寄与します。
 

圧縮強度が増加します

1 コンクリートの品質が向上します
  • 上水を用いる場合に比べ圧縮強度が増大し、かつ透水係数が低減できるため、高緻密化が図れます。
  • エポキシ樹脂塗装鉄筋や炭素繊維ロッドを用いることで、構造物の長期耐久性が確保できます。(促進腐食試験で検証済み)
2 環境負荷が低減できます
  • 多量の上水や陸砂の運搬あるいは淡水化プラントの設置・稼動が必要ないため、炭酸ガス排出量が低減できます。
  • 離島工事等における炭酸ガス排出量を約40%削減できます。
3 建設コストが低減できます
  • 地産・地消の材料を使用することや、淡水化プラントの設置費・稼動費が不要なことなどから、建設コストが低減できます。
  • 離島工事等の建設コストは、無筋構造物で約10%、RC構造物で約6%削減できます。
    ※離島(本土から100km)での防潮堤築造(1,000m3、設計耐用年数100年)を想定し、全材料を海上運搬する場合との比較です

 

透水係数が低減します

 

 

検索