3次元モデルによる情報管理技術

CIM(Civil Information Modeling/Management)

施工プロセスの可視化と情報統合により生産性を向上し
維持管理を効率化します

CIM(Civil Information Modeling/Management)とは?

調査・設計・施工時の情報を3次元モデルに集約し、施工プロセスの可視化を図ることで、施工管理を効率化する情報管理ツールです。さらに、施工を踏まえた維持管理や点検時の評価・診断のほか、補修・補強工事の施工計画立案に的確な情報を提供します。また、施工時において、生産性向上をめざしICT技術を活用する i-Construction を積極的に実施しています。

お客様のメリット

施工管理を効率化でき、品質も確保しやすくなります

  • 施工プロセスが可視化されることにより、施工管理が効率化され生産性が向上します。
  • 各段階の品質管理データを統合することで、品質管理を効率化できます。

補修・補強・更新時の施工計画立案にも活用できます

  • 調査・設計・施工・維持管理の情報が集約された3次元モデルであるため、構造物に関する必要な情報をすぐに取り出すことができ、維持管理における評価や診断を適切かつ迅速に行うことが可能です。
  • 点検・補修履歴を付加していくことで、維持管理の効率化が図れ、更新計画の立案にも役に立ちます。

【実績・適用例】

見草トンネルでの活用事例

施工前:地質と設計データのモデル化
施工前:地質と設計データのモデル化
施工中:施工情報の3Dモデルへの統合
施工中:施工情報の3Dモデルへの統合
施工後:維持管理に向けて、出来形の調査
施工後:維持管理に向けて、出来形の調査

安威川ダムでの活用事例

3Dモデルの活用イメージ
3Dモデルの活用イメージ

高架橋での活用

紀北西道路 雄ノ山高架橋(移行部)
紀北西道路 雄ノ山高架橋(移行部)

LNGタンクでの活用

LNGタンクの鋼材配置
LNGタンクの鋼材配置

CM業務での活用

岩手県山田町の高台移転事業でのCM業務(UR都市機構)
岩手県山田町の高台移転事業でのCM業務(UR都市機構)

国内外150の現場で実施してきました。

ページトップへ

検索