汎用遠隔操縦装置

サロゲート

バックホウなどの建設機械を無人で運転します

サロゲートとは?

建設機械の操作レバーなどに装置を装着することで遠隔からの無人化運転を可能にする遠隔操縦装置です。コンパクトで容易に着脱できるため、作業を行う場所の危険性や作業状況に応じて搭乗操縦と遠隔操縦を切り替えることができます。搭乗操縦が危険な場所や災害復旧などにおいて有効です。

遠隔操縦で掘削土砂を集積する様子

お客様のメリット

建設機械を改造せずに使用できます

  • 装置を装着するために建設機械を改造する必要がありません。
  • さまざまなメーカーや建設機械に対応しています。
  • 操作レバーとフットペダルの周辺に装置を装着するだけで、容易に遠隔操縦できます。

搭乗操縦と遠隔操縦を容易に切り替えられます

  • 装置を装着したままオペレーターによる操縦とリモコン操縦を切り替えられます。
  • 施工場所の安全性など作業環境に応じて、柔軟に工事を進めることができます。

持ち運びや組み立てが容易です

  • 持ち運び可能なサイズにユニット化しており、短時間で組み立てられます。
  • ボルト締めや配線ケーブルの接続のみで建設機械に装着できます。
  • サロゲートでの作業状況

  • 運転席の操作レバーに装着したサロゲート

  • リモコン操縦装置

  • サロゲート操作コンソールを搭載した車両

  • 車両内のサロゲート操作コンソール

サロゲートは、大林組と大裕株式会社が共同で開発したものです。

検索