「デジタルトランスフォーメーション銘柄2023(DX銘柄2023)」に選定

プレスリリース

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)は、5月31日、経済産業省、東京証券取引所が共同で選定する「デジタルトランスフォーメーション銘柄2023(DX銘柄2023)」に選定されました。

DX銘柄とは、東京証券取引所に上場している企業の中で、企業価値の向上につながるDXを推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績が表れている企業を選定するものです。

選定にあたり、DX銘柄2023評価委員会から以下総評がありました。

  • 既存事業の強化だけでなく、新規事業およびビジネスモデルの変革を視野に入れたDX戦略を明確に示し、推進体制を整えており、着実な推進により成果が期待される
  • 既存ビジネスの深化、新規ビジネスの創出、実施体制のいずれも、具体的な取り組みが記され、納得感や驚きがある

大林グループのDX戦略は、近未来の社会環境と建設のありようを見据え、「現在(いま)とあるべき未来をDXでつなぐ」をスローガンとしています。デジタル深化による誠実なものづくりで、事業に関わるすべての人々を大切に、「ものづくりの会社」としてステークホルダーの期待に応えていきます。

以上

本リリースについてのお問い合わせ先
大林組 コーポレート・コミュニケーション室広報課
お問い合わせフォーム

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。