2014地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展に出展します

イベント情報

2014地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展

10月15日(水)から17日(金)まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「2014地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展」が開催されます。展示会では、土質調査や土壌・地下水汚染対策に関する製品・技術・サービスなどを一堂に紹介。関連セミナーや技術発表会なども同時に行われます。

大林組のブースでは「未来へつなごう 土と水」をテーマに、土壌・地下水汚染の浄化をはじめ、将来の国土形成に資する最先端の技術と取り組みを紹介します。

テーマ別のパネル展示やプレゼンテーションを行うとともに、無人調査ロボットの実機展示、汚染土分別システムの模型展示、CIM(Construction Information Modeling)の実演など、お客様の課題に合わせてご提案します。皆様のご来場をお待ちしております。

■パネル展示

  土壌汚染

土壌洗浄 

・汚染土の処分量を大幅に削減「アールキュービック土壌洗浄工法
・特殊鉄粉で重金属汚染土壌を全量浄化「鉄粉洗浄工法」

原位置浄化 

・砂質土のVOCs汚染を掘削せずにバイオで浄化「クロロクリン工法
・粘性土のVOCs汚染をバイオで低コストに浄化「クロロクリンS工法

拡散防止 

・地中に壁を造り汚染の拡散を防止「アクアソイルF-W工法」
・地盤内に構築した壁で重金属汚染地下水を浄化
「薬剤注入による透過性地下水浄化壁工法」
  放射能汚染

受入

・廃棄物をトラックの荷台に載せたまま放射能濃度を急速測定
「放射能トラックモニター」(放射能測定ゲート

分別

・放射性汚染土を瞬時に分別できる「オリオン・スキャンソート」

調査~貯蔵

・重機の無人化から遠隔調査ロボットの開発へ「次世代無人化施工技術」
  国土形成

土壌浄化

・既存構造物直下の土壌を浄化「ジオフレックスドリル工法」

資源活用

・がれき残さを盛土材として活用「アップサイクルブロック」

施工管理

・工事プロセスを見える化「大林組のCIM施工管理」

貯蔵

・除去土壌や廃棄物を適正に管理「土壌・廃棄物貯蔵技術ラインナップ」

■プレゼンテーション ※1回のプレゼンテーションは約10分です

開始時間 10月15日(水) 10月16日(木) 10月17日(金)

10:30

アールキュービック土壌洗浄工法、鉄粉洗浄工法 土壌・廃棄物貯蔵技術ラインナップ 透過性地下水浄化壁工法

11:15

クロロクリン工法 アールキュービック土壌洗浄工法、鉄粉洗浄工法 土壌・廃棄物貯蔵技術ラインナップ

13:15

透過性地下水浄化壁工法 クロロクリン工法 アールキュービック土壌洗浄工法、鉄粉洗浄工法

14:00

土壌・廃棄物貯蔵技術ラインナップ 透過性地下水浄化壁工法 クロロクリン工法

14:45

アールキュービック土壌洗浄工法、鉄粉洗浄工法 土壌・廃棄物貯蔵技術ラインナップ 透過性地下水浄化壁工法

15:30

クロロクリン工法 アールキュービック土壌洗浄工法、鉄粉洗浄工法 土壌・廃棄物貯蔵技術ラインナップ

16:15

透過性地下水浄化壁工法 クロロクリン工法  

■展示物 実機やサンプルをご覧いただけます

地形測量用無人飛行機(UAV)

CIMに適用する地形データ測量用の無人飛行機

無人調査ロボット

遠隔操作による情報取集する無人調査ロボット

■2014地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展

期間  2014年10月15日(水)~17日(金) 10:00~17:00
会場  東京ビッグサイト 西展示棟 西2ホール
主催  一般社団法人土壌環境センター、一般社団法人日本産業機械工業会、
    フジサンケイ ビジネスアイ
後援  経済産業省/農林水産省/環境省

開催概要の詳細は主催者ウェブサイトをご覧ください。